主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イナゴ


人にとっては害虫だけど、
ポツンといるとこを見ると、愛嬌がある面をしていて憎めない。

草むらの中に潜んでるつもり
b0108186_2119483.jpg


葉っぱだったら何でも食べるのかな?
b0108186_21201976.jpg


農薬を使わない田んぼでは大繁殖!
b0108186_2122585.jpg


ムシャムシャムシャ~ ムシャムシャムシャ~
b0108186_21223197.jpg


【イナゴの佃煮の作り方】  by I さん夫妻

(1)たっっっくさんイナゴを捕まえる。

(2)翅と肢を取り除いて、さっと湯がいて、3~4日ほど天日干しする。

(3)フライパンでこんがりと乾煎りする。

(4)砂糖、醤油、みりんなどの好みの調味料で甘辛く煮付ける。

小学生に試食させたら結構好評だったそうです。
先入観を持ってる人や、この上もなく虫を愛している人には・・・どうなんでしょう?
機会があれば・・・
うーん、どうかな?(笑)
[PR]
Commented by nomusan at 2009-09-11 22:47 x
おおっ、”イナゴの佃煮”とくればスルーは出来ませぬ。学生時代、学園祭での我がクラブの人気商品でしたよ~。けど、作り方がちょっと違いますね。
(1)たっっっくさんイナゴを捕まえる。→これは同じ。
(2)そのまんま糸で通してすだれ状にして部室の中で干す(笑)。
(3)、(4)も同じですな。で、味見は1年生のお仕事ですね(笑)。
マジで、結構売れたのですよ。もちろん、制作者は口にしませんでしたが・・・(爆)。
Commented by mmerian at 2009-09-11 23:17
ほぉ~~!へぇ~~!
イナゴの佃煮、作ってみたいような、そうでないような・・・笑

私は田んぼでイナゴを見ると農薬を使っていない田んぼだと嬉しくなっちゃいます。
機会があれば・・・うーん、どうかな?(^0^)
Commented by みず・・ at 2009-09-12 01:24 x
イナゴの佃煮は肢が美味いと最近どこかで見聞きした覚えがあるのですが・・・
Commented by rydenx at 2009-09-12 17:20
食べてみたい気はするのですが、自分で作るのはちょっと…。
(2)の工程の段階では、お亡くなりになっているのでしょうか?
Commented by schlegel at 2009-09-13 10:00 x
あかるくて良い写真ですね.2枚目が好きです.
Commented by てぃーだ at 2009-09-13 17:01 x
虫を愛してますが、食べてみたい(>m<)
でも、>(2)翅と肢を取り除いて~の工程がですね・・・
むかーし、拾ったハトの雛にえさをやるため(時効ってことで;;)
生きたバッタのをむしったことがあるんですが・・・(TДT)
あの感触はどうも・・orz
やっぱり出来上がったのを出してもらうのがいいですねぇw
Commented by betty at 2009-09-13 18:40 x
イナゴ・・・・
私の職場で事件の元になったことがあります。
先輩が後輩のごはんの上に、イナゴの佃煮をのっけておいた。
後輩は大の虫ギライ。。。。。。
血の雨が降る直前まで緊迫した事態となりました。

長野や新潟では昔から貴重な蛋白源だったと伺っています。
香ばしくておいしいとも聞いているのですが、
私はどうも目が合ってしまうような気がして、
まだ手を出せずにいます。
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
nomusanさん
>(2)そのまんま糸で通してすだれ状にして部室の中で干す(笑)。
おぉ~なんと壮観な・・・壮絶な眺めでしょ~~~~~
そのまんま、すだれとしての活用法もグッドかも~(>_<")
蝶研がなんでイナゴなのか?・・・やや不可解ではありますが、追求はやめときましょう。
当然のことながら、nomusanさんも1年生の時には毒見・・・味見されたんでしょうね?!
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
mmerianさん
本気で作るとなると、まずはイナゴ捕獲がかなりエライ目らしいですよ~。
農薬無しの田んぼは、うれしいとくやしいとが入り交ざって、実は複雑な気持ちなんです。
ワンサカ捕れたらクッキングに挑戦してみようかな~。
乞うご期待!!
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
みずさん
肢と翅とは口の中での食感が良くないそうで、肢のギザギザが引っかかるのかな?
東南アジアの国々では、貴重な蛋白源になってるとこもありますね。
マレーシア料理にはあったかなぁ?
Commented by そよ風ふく at 2009-09-14 00:26 x
私の見たイナゴの佃煮は脚がありましたね~。
いろいろと違うんですね。。
あ、私、食べれませんでした。汗
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
rydenxさん
私もチャレンジしてみたい気ななくもないけど・・・やっぱないですわ。(爆)
今日、たまたま肢をもがれたイナゴを捕まえましたが、生きてましたね。
したらば・・・釜茹での段階で★になるのでは?
あぁ、なんか・・・辛いですね。。。(>_<")
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
schlegel
コウホネも食べるんかぃ?の画はメルヘンチック☆彡
稲だけは食べんといて!との願いも空しく、稲が一番美味しいらし・・・
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:26
てぃーださん
やはり(2)は・・・いろいろ抵抗とか、問題含みのようで、
チキンレッグは美味しくいただけるのにね~。
佃煮だと目とか分からないだろうから、いけそうな気もしますが・・・
被写体で食べたことのあるのは、牛・馬・豚・鶏ぐらいなもんだから
きっとメダカも食べられないように思えますぅ~。。。
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:27
bettyさん
そりゃあ~殺生沙汰になってもおかしくないですわ。
虫好きでも悲しくて泣き出す人がいるかもしれない。
イナゴと知らされずにだまし討ちされるのも勘弁してほしいです。

食糧事情の良くなかった時代、農作業で体力を消耗する人たちにとっては
栄養価も高くて貴重な食材だったそうですね。
でもやっぱ私も「み~て~る~だ~け~~~~」かも。
近々また駆除作業をするかもしらんので・・・続編にご期待あれ!(>_<")
Commented by MatsuHimeji at 2009-09-14 00:51
そよ風ふくさん
食べられませんでしたか・・・やっぱりね~。
見詰め合ってしまった被写体はどうもいけません。
それと、お腹の中の配線(?)とかイメージするともうダメ!(>_<")
by MatsuHimeji | 2009-09-11 21:35 | 虫たち | Comments(16)