主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ノジギクに来る蟲たち

集客力抜群だったセイタカアワダチソウやコセンダングサが種を付けはじめ、

そろそろ客足が落ちてきた頃、、

まだまだ行けまっせ~♪と咲き誇る家のノジギク。
b0108186_22574130.jpg



ツマグロキンバエ集る。
b0108186_22575691.jpg



ツマグロキンバエ、シベを前肢で捧げ持って舐め~舐め~
b0108186_225866.jpg



オオハナアブ、buchu!と口先をシベに押し付ける。
b0108186_22581779.jpg



シマハナアブ、 花粉まみれのお口をお手入れ中
b0108186_22582545.jpg



キゴシハナアブ、 こちらも遠慮仮借なく口先をbuchu!
b0108186_22585312.jpg



キベリヒラタアブ、 シベを前肢で捧げ持って舐め~舐め~
b0108186_2259486.jpg



カメムシのお若いの?
b0108186_22591711.jpg



ストローみたいな口器を差し入れて chu-chu-
b0108186_22592519.jpg


ハエやアブの仲間だけが目に付くようになると、いよいよ冬到来。

でもまだどこかで虫たちに出会えるかも~かも~と悪あがきする辛い時期でもある。

( ´△`)アァ- あんなにたくさんいたのにねー。

どこでどうしているのかねー。



撮影: OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
[PR]
Commented by くまじろう at 2013-11-27 21:38 x
ハエやアブは寒くなってもタフですね。
ツマグロキンバエなんかは一年中元気に飛び回ってるイメージです。
カメムシはウスモンミドリカスミカメ?・・・って似たのが多いんで確度は低いですが(^^;
Commented by uke-en at 2013-11-28 18:57 x
「一冬の過ごし方」
簡単ですよ。既にムラサキシジミとウラギンシジミの越冬個
体を見つけられているのですから、シーズンでも我が家にい
ないムラサキツバメとか、ねぐらのさっぱり分からないタテハ
チョウの類、キタキチョウを探されて、巡回すると1日があっ
という間に終わりそうですよ。
見つからなくても、中腰で下からのぞいたり、枯葉の塊をじ
っと見つめたり、草をかき分けたりしていれば、シーズン中
と同様に怪しいと思ってもらえますよ。(^-^)v
Commented by MatsuHimeji at 2013-11-29 21:06
くまじろうさん
そうか・・・、ハエやアブは極寒の時期以外だったら見られますよね。
他が見当たらなくなるから、これが目立つ。
この日、ツマグロキンバエにも大中小と個体差があるのを見て、なんか目を見張ってしまいました。
カメムシは小さな粒にしか見えてなかったんですが、液晶画面って「虫眼鏡」にもなるんですね~(◎-◎;)!!
Commented by MatsuHimeji at 2013-11-29 21:06
uke-enさん
日々怪しく徘徊しておりますと、顔見知りもそこかしこに出来てまして、
「今日もトンボか?」とか「昨日は黄色い蝶々がおったで~。」とか。
でも、チョウもトンボも気配さえない今日この頃では「なにしとん?」と不思議がられて、
その成体越冬個体云々を説くのもマニアックな人種と思われるのがなんかやりにくいかなぁ~と。( ´△`)
なので「ここで見る紅葉はえぇですね~♪」と風景撮ってみせるのも仕事のうち。(爆)
紅葉が終わったら、さて、、どうしましょうか。。。
by MatsuHimeji | 2013-11-26 23:12 | 虫たち | Comments(4)