主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こんなのアリですか~( ´△`)アァ-



2012年春、発芽間もないウマノスズクサが植わった小振りのプランターを頂いた。
そんな深い考えもなく、もしも家でジャコウアゲハが見られたらいぃだろうな、ぐらいのお気楽さで。
「今季はジャコウアゲハを育てようと思わずに、今年1年で苗を立派に育てることに専念するように。」と申し遣った。

2013年春、冬に枯れ果てていたのに新芽が出始め、大き目のプランターに移植して、
南面する軒下に置き、緑のカーテン風に板壁に這わせて育てた。
ジャコウアゲハの幼虫を進呈するという申し出は辞退した。
ちょっと想像してみたんだけど、蝶に成れたとしても、こんな場所で暮らすのは切なかろう。
飼育はカメだけで精一杯だし。
ウマノスズクサの花を間近で見られたらそれだけで~d(-_^)good!!

冬に地上部が枯れ果て、他の鉢物の片付けと一緒に、プランターの土をごっそり軒下に捨てた。

2014年春、廃土(?)の中からウマノスズクサの新芽が出ていた。(◎-◎;)!!
まぁ緑のネットもそのまんま放置してたことだし、今年も花見をしよう。

で、5月29日(木)、蕾は付いたかな?と、藪っ蚊の猛攻撃をかわしながら覗いたら~
b0108186_2271738.jpg


幼虫だぁ~~~\(◎o◎)/!
b0108186_2273583.jpg


キアゲハの幼虫?・・・ウマノスズクサなんか食べて・・・生きてけるんだろうか?
親は一体何を間違ってこんなとこに産卵したんだろ?!
(・・?  (・・?  (・・? 
主婦は本気で悩んだ。(爆)

しかし、しっかし・・・藪っ蚊の攻撃を恐れずに一歩踏み込んでマザマザと幼虫を見てみると~
b0108186_2210788.jpg


どう見ても、ジャコウアゲハじゃ。。。
b0108186_22101824.jpg

ショック。。。(>_<)。。。
ここは多分に生き辛い場所と思う。。。


第1化の成体はどこから来たんだろう?
遠くからでもウマノスズクサの気配が察知できたんだろうか?
私が足繁く通うウマノスズクサの自生地から家までは直線距離で約1km。
もっとご近所にも自生地があるのかなぁ?

ひょっとしてこの主婦には内密で、昨秋ここで蛹って越冬した個体がいたんだろうか??
全く努々からっきし主婦の目は節穴で、灯台下暗し状態だったんだろうか?

本日のジャコウアゲハ。
b0108186_2212342.jpg


ここでお菊虫さんになる気ムンムンだね~(ノ_-;)
b0108186_22124818.jpg



梅雨の止み間に自転車こぎこぎ1㎞先の自生地へGO!
ウマノスズクサの花がぽつりと一花咲いていた。
b0108186_22131612.jpg


また雨がぽつぽつ降りだした。

第2化目指す幼虫たちも点々とみられた。
家のよりも発育が良いみたい。

なんともかんとも・・・どうしたものやら・・・どうなることやら・・・(ノ_-;)ハア…
[PR]
Commented by nomusan at 2014-06-06 20:24 x
おお~!
すごいぞすごいぞ、自宅でジャコウアゲハとはぁ。
流石はHimejiのMatsuさまでございますねぇ~(笑)。
1kmくらいなら十分飛んでくる可能性はあると思いますよ。
何処かにお出かけしてる間にいつの間にか生んでたんでしょうねぇ~。
でね、ご存知かと思いますけど、この子達、エサが無くなったら共食いしますからね、”主婦は見た”画像の候補かな??
Commented by くまじろう at 2014-06-06 21:56 x
毎日ジャコウアゲハの成長を見れるのは楽しそうですね。
心配だったら、ウマノスズクサの自生地に放す方法もアリかもですが
私だったら暫く観察してみたいところ(^^;
Commented by MatsuHimeji at 2014-06-07 20:39
nomusanさん
あのぉ~、ご存じの通り、ジャコウアゲハはお菊さん繋がりで姫路市の蝶ということになってて、
学校ぐるみで、あるいは商工会議所とかNPO法人とか、
組織を上げて「産めよ~増やせよ!」と頑張ってるんですが、
食草の自生地では「それ何?」状態で、怪しくないと説明(言い訳?)するのがエライ目!(爆)
で、1㎞だと・・・そうなんですか。。。
まぁ蟬だってやって来ますもんね~(ノ_-;)ハア…
エサ、とんでもないことになってました。
ご期待に応えてレポしますね!(^_-)-☆
Commented by MatsuHimeji at 2014-06-07 20:40
くまじろうさん
やはりチョウにはいっぱい吸蜜できる環境で悠々と舞って欲しいという
私本位な甘っちょろいイメージを抱いておりまして、
生き延びるのに懸命なチョウには大きなお世話でしかないと。
極限状態での生き様をみせてもらえることに、ごめんね、すまんね、と詫びるばかりです。
by MatsuHimeji | 2014-06-05 22:19 | 虫たち | Comments(4)