主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:甲殻類・魚類( 24 )

オヤニラミ

姫路市立水族館の新館2階の希少な淡水魚の展示コーナーで。


おいら、オヤニラミ♂。    
b0108186_22412483.jpg

おいらの縄張りを荒らすヤツは容赦せんぞぃ!


水槽のコーナー部分に透き通った卵が二列に産み付けられていて・・・
b0108186_225946.jpg


おいら@卵の親父、 我が子をしっかりと護らんとして、ぴったり見張りの立ち番中。
b0108186_2341437.jpg


そんな健気な親父の縄張りを、隙あらば!と狙う別の♂が・・・
b0108186_2363455.jpg


この後、手前の♂が卵の方に進もうとしたら、

親父オヤニラミが猛然とダッシュして、侵入者(魚)を突いて追っ払った。 (◎-◎;)!!

お見事なスクランブル~(^-^)//"""

とうちゃん、なかなかやってくれますな~d(-_^)
[PR]
by MatsuHimeji | 2014-02-05 23:12 | 甲殻類・魚類

雨にぬれても♪

梅雨入りして時々雨が降る日和だったが、

探し物をしに兵庫県の真ん中辺りにある神社さんにGO!


b0108186_11375840.jpg

氏子さんらがこの界隈で山野草などを丹精込めて育てておられて、それを愛でる訪問者が時々あるようだ。


野鳥やカエるの声は響き渡っているけど、この時期見られるはずの生きものの姿が見られず

ちょっと離れた林道や畑地を捜索することになった。


カワトンボの仲間
b0108186_11384380.jpg



ヤマかサトかよく分からない・・・キマダラヒカゲ
b0108186_11383992.jpg
 

梅の実が大きくなりつつある枝から吊下げられたペットボトル、 (¬o¬)----☆
b0108186_11403353.jpg

虫が入るように一部カッティングされ、ボトルの底の液体に虫の死骸が・・・

甘いのかな?  それでチョウもご執心なのかな?


林道を引き返す時に見っけ!
b0108186_11413967.jpg



追っかけしたらフリーズ! サワガニ♂
b0108186_11425246.jpg

視線を逸らしたらその隙に一気に逃げるつもりかな?

(◎-◎;)!!
b0108186_11423842.jpg

威嚇された。。。


ずっとそのままの格好で頑張られるのも辛いので、こちらが退散した。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-31 11:43 | 甲殻類・魚類
姫路市の街中を南流する夢前川の河口から2km付近、

某ホームセンターの屋上から鳥見しようと川面を眺めていたら~ (¬o¬)----☆

大小二つの三角が遡上していた!かと思うと引き換えし、ジグザグに動き回っていた。

b0108186_001542.jpg



ちょっと用事を済ませてからまた様子見に戻って見たら~ 陽の中で銀色ピカピカ三角は同じ動きを続けていた。

b0108186_055666.jpg



ちょうど引き潮の時間帯だったが、海から入り込んできた魚だろうか?

b0108186_065838.jpg



比べるものがない川面で、中洲に近付いてきたところを (@_@;)

葦の向こうに居るのはカルガモ。

b0108186_091635.jpg



あなたはだぁれ?

何しに来たの?

具合がどこか悪くはないの?


遠目に見える三角二つを見つめている間、♪ジョーズのテーマがずっと流れていた。



【2012.10.29 追記】

夢前川に慣れ親しみ、散歩やジョギングの折に観察をし、魚にも関わる仕事を長年してこられた御仁によれば

「多分夢前川に多いメナダが弱って、体後半部が浮き上がっている個体」 と思われるそうです。

メナダはボラ科の魚。

そぉいやぁ~市川の河口堰付近でよく目にする~夕焼けに映えるジャンプでお馴染みのボラに似てる!(◎-◎;)!!

♪ジョーズのテーマ が勝手に頭の中で流れ出すもんだから、その気になってドキドキ観察してたのに・・・

あぁ惜しかった~~~( ´△`) ヾ(ーー )ォィ

[PR]
by MatsuHimeji | 2012-10-28 00:11 | 甲殻類・魚類

池干し (魚の巻)

昨シーズン見つけたムラサキシジミの越冬ポイントに出向いてみたら、

ちょっと様子が変わっていて・・・

まぁ仕方ないと次のポイントへ向かう途中、

快晴なのに水路が激流に変わっていて・・・?!?・・・ゴーゴー音を立てて早瀬になっていた。

これは~ひょっとすると~ひょっとするかも~

上のため池へGO!



ため池の水を落としていた。

b0108186_22572815.jpg



なんということでしょ~!!!

お池の改修工事が始まるのかなぁ?

作業中の地元の方にお尋ねしたらば、

「バスが増えてなぁ、水抜きして退かすのよ。」

おぉ~いるいる!

b0108186_22583340.jpg



バス釣りを楽しむために、わざわざここにバスを放す輩がいて、それが増えて困っているんだそうな。

ため池の水を下のため池に通じる水路に放出して水位を下げる作業続行中。

この2つの水門を上下に開け閉めして調節する仕組みらしい。

b0108186_22591921.jpg



深みに集まったバスを網ですくって捕獲。

b0108186_22594441.jpg



池がだんだん干上がってきた。

右往左往するバスとカメ。

b0108186_2301273.jpg



1時間ちょっとして、水が落ちたらお池の底が広がった。

b0108186_23112.jpg



この時点で救い上げたバスは~

b0108186_2312921.jpg



「昔は鯉や鮒やエビがおったのに、ほれ見てみぃ~、バスしかおらんやろ。」

「みーんなバスに食われてまったんや。」

あのぉ・・・あっこらへんにカメも居ますが (^^ゞ

「おぉ、カメもおるなぁ~(笑)」  ← カメの種類は気に留めておられない。(=ω=。)



ため池の提体の下の放出口に下りてみると、ため池からの水を網で漉すように受けて、

上で捕獲を逃れて来たバスを捕らえていた。

b0108186_2331535.jpg



「キャッチ&リリースとか言わんと、釣ったらちゃんと持って帰って欲しいわなぁ。」

b0108186_2334226.jpg


ほんまに、モロコ1匹いない。。。


バスは在来種と違って酸欠に弱く、バケツに入れられたら直に★になってしまう個体がほとんど。


興味津々のカメの事と次第は次に~ 乞うご期待(^-^)/
[PR]
by MatsuHimeji | 2011-11-26 23:06 | 甲殻類・魚類

ドジョウ

稲刈りの済んだ田んぼで (姫路市立水族館新館1階の里地の展示)

b0108186_21564373.jpg



田んぼの土にはやや湿り気が残っていて~

b0108186_21574371.jpg



こんな立て札と穴とが・・・

b0108186_21585744.jpg



ふ~ん、北風が吹き始めるとバッタもイナゴもカマキリも姿を消して、マルタニシなんかは

b0108186_2211049.jpg



トノサマガエルもそろそろ土に潜り込んで冬眠スタンバイ~

b0108186_2214325.jpg



と、一通り展示ケースを覗き込んでから元の田んぼに戻って見たら・・・

(¬o¬)----☆ 

b0108186_2244065.jpg


ドジョウが出てきて こんにちは~♪   なのか?

そぉいやぁ~どこやらでもドジョウがムキになってイケイケごーごーしておりますわなぁ~  (-ω-;)


2011.11.18追加画像、こちらでも、ドジョウが出てきて こんにちは~♪

b0108186_22292126.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2011-11-16 22:13 | 甲殻類・魚類

ウミホタル


姫路市立水族館のイベントが今宵開催された。

ウミホタルの夜間観察会☆彡

ウミホタルはホタルとは縁遠い生き物ですが、暗闇で発光物質を放出して幻想的な青白い光を放つことでこの名前がつけられています。エビに近いプランクトンの仲間で、北海道を除く各地の沿岸の砂浜域に生息します。しかしながら近年、砂浜域の埋め立てにより、生息する地域は限られていることと、性質が夜行性であるため、めったに目にすることはありません。水族館では姫路の海岸で比較的砂浜が残る的形でこのウミホタルが光る様子をぜひ見ていただこうと夜間観察会を実施します。

b0108186_2241208.jpg

                           (姫路市立水族館のホームページより)


日没直後の瀬戸内海の姫路市立遊魚センター付近から西の空を望む。

b0108186_224553.jpg



飼育係さんの説明  (東の方向を望む)

ペットボトルの空き容器をトラップ(罠)にして、おびき寄せの餌は鯵の切り身で、海底の砂地に着地するようにポ~ンと投げ込む。

b0108186_22461793.jpg


闇の中で待つこと15分。

ペットボトルに付けた紐を手繰り寄せると~海底から上昇して来る容器が青白く発光☆彡

引き上げたボトルからコンクリート護岸に滴り落ちる海水が既に☆彡 ☆彡 ☆彡

海水を観察用の四角いバットにぶちまける。

b0108186_2353252.jpg



発光が鈍くなってきたので、手でバシャバシャとかき回して刺激を与えると~

b0108186_2364268.jpg

撮影:OLYMPUS μ-1030SW (打ち上げ花火撮影モード)


さぁ~て、明かりを灯してバットの中を覗いてみよう!

b0108186_2382757.jpg


小さなゴミみたいな粒々がくるくる動き回って見えた。



明かりを消して、真っ暗闇の中、手の中で青白い☆彡がぴかぴか~~~

見上げれば雲一つない夜空にも☆ ☆ ☆ ~~~



バットの海水を海に戻した。

コンクリート岸壁に零れ落ちたウミホタル☆彡

b0108186_23151715.jpg


小さな子供たちと一緒になって「きれいだね~☆彡」を連発した海辺の夜だった。
[PR]
by MatsuHimeji | 2011-09-24 23:20 | 甲殻類・魚類

アメリカザリガニ



ちょろちょろと水量の減った農業用水路で。

アメリカザリガニとウシガエルとを見っけ!  

b0108186_2222590.jpg

どちらも外来種だけど、わたくしの原風景の中にはしっかり住み着いていて、なにやら懐かしい光景。。。



「何してるの?」って・・・穴掘ってるさ。

b0108186_2244926.jpg



ここを掘り~掘り~掘り~  してさ

b0108186_2253126.jpg



泥を抱えて~バック!~バック! してさ

b0108186_2262014.jpg



ここに捨て~捨て~  してさ

b0108186_2271474.jpg



ハサミの泥を掻き落としたら~また元に戻ってさ

b0108186_2282041.jpg



またここを掘り~掘り~掘り~  してさ

b0108186_2285326.jpg


この繰り返しでござんす。 v(^^)v



1時間後にこのポイントを覗いてみたら、(¬o¬)----☆    ウシガエルしか見つけられなかった。









本日の 【 なぁ~るほど!主婦の目からウロコ(OoO;) 】

オンカロ 核廃棄物10万年の危険 Part 1/5

↑のページから Part 1/5~5/5まで観られます。
[PR]
by MatsuHimeji | 2011-08-17 22:16 | 甲殻類・魚類
神社さんにお参りする時、一番最初に立ち寄って身を清めるべき御手洗にて

無作法にも帰り際に寄って見っけ! (x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ


御手洗の岩に生えてる苔を食べているのかな?

鋏を交互に使って むしゃむしゃ~

b0108186_174619.jpg



近付かんといてくれぃ!  とばかりにカメラから横走りで遠ざかる。

b0108186_1761298.jpg



ふぅ~ここなら見えんから捕まらんじゃろ~

b0108186_177882.jpg


どんなに上手に隠れても~♪ その体色は目立ちますわ。(*≧m≦*)
[PR]
by MatsuHimeji | 2011-08-12 17:08 | 甲殻類・魚類

春の水辺で

以前は谷津田のような場所だった湿地で

ニホンアカガエルのオタマジャクシ見っけ!

b0108186_23251775.jpg


ニホンアカガエルだと思ったのは、2月上旬にこのポイントでニホンアカガエルの卵塊をみつけていたからだけど・・・

b0108186_23273259.jpg


でもひょっとしたら・・・全然別のカエルの子たちかもしれない。(*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ


メダカの学校は~川の中~ではなくて、ミジンコなどの食べ物がいっぱいある田んぼの中~♪

b0108186_23295093.jpg



メダカといっしょに写っていたカゲロウの仲間の亡骸。

b0108186_23304956.jpg



この近くの川の傍を歩くと、足元からワラワラ~ふわふわ~と虫が立ち上る。

そのワラワラ~ふわふわ~が治まると、地面の上に・・・(¬o¬)----☆ カゲロウの仲間

b0108186_23325556.jpg


去年の今頃、冬眠明けと思われる ~>・~~~~~~~~~~~~~  をこの水辺で見つけた。

今年はお子ちゃまたちが走り回っていたのもあってか、お出ましには出くわさなかった。

良かった♪~のか、期待外れだったのか・・・?






本日の 【 なぁ~るほど!主婦の目からウロコ(OoO;) 】

姫路市立図書館で借りた本から

書名 : 原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識
著者名 : 広瀬 隆/著
出版者 : 東京書籍
出版年 : 2000
ページ数等 : 344p
大きさ : 19cm
内容注記 : 原子力開発史:p11~15
一般件名 : 原子力発電
ISBN : 4-487-79542-7

著者の広瀬氏が311の6日後にTVで話してるYouTube「福島原発事故 メディア報道のあり方」←クリック
[PR]
by MatsuHimeji | 2011-04-20 23:40 | 甲殻類・魚類

然別湖産ウチダザリガニ


★におなりのウチダザリガニ  

b0108186_22304486.jpg


北海道で茹でて冷凍したものが~  ♪ はぁ~~~るばる来たぜ姫路~~~~~

特定外来生物なので生きたまま移動させることはご法度なのです。

特定外来生物の解説「ウチダザリガニ」のページ(環境省ホームページより)


そこらのアメリカザリガニよりも大柄で爪がでっかい!

b0108186_2233660.jpg



さぁ~ごちになりますか~(^O^)/

b0108186_22332544.jpg



お味噌も蟹爪のお肉も、海の海老よりちょっとあっさりめで、まさに「淡水産」って感じのお味でした。

ごちそうさまでした。(-∧-)


ウチダザリガニのページ(北海道ホームページより)

撮影機材:OLYMPUS μ-1030   レンズに汚れ有り・・・m(__)m   
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-09-08 22:37 | 甲殻類・魚類