主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:やんばる2008( 16 )

イノーで貝採りに励むおじさんと籠を背負った主婦連が海岸に向けて移動しつつあるのを横目に
我らも陸に方向転換しながら観察は続く。

タコの足かと見まがうウデフリクモヒトデと黒いホウシャククモヒトデ

b0108186_12295429.jpg


                                   おしゃれな模様のノシガイ

b0108186_1230878.jpg

 
                                 トロピカルな色目のハナビラダカラ

b0108186_12302567.jpg


                            ちょちょっと突っついたら口を閉じたヒメシャコガイ

b0108186_1231250.jpg


                                    なんて名を付けようかな~

b0108186_12312033.jpg


これもサンゴの仲間、コカメノコキクメイシ

b0108186_12314582.jpg


海岸に上がったおじさんの姿が見えた。
主婦連も護岸上に消えて行った。
もう時間切れ!

上陸した場所はイノー入りした場所よりもずっと南の砂浜だった。
「カメ調査用、5/14」の杭・・・、ここにウミガメが産卵に来るらしい。

b0108186_1232675.jpg


振り返れば、目に見えてひたひたと潮が満ちて来た。
自然は律儀。
地元の勤労市民の知恵にも感心した。

b0108186_12325374.jpg

午後4時半過ぎ、車中から海に目をやったら、
じきに海面下になりそうな一番外海のリーフに人影が見えた。
下を向いてなにか探してる様子だったが・・・

干満の差が165cmもあったこの日、
晩のTVニュースで海難事故は報告されていなかった。(〃´ー`)=3

イノーでの撮影:E-3、ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、偏向フィルター・・・ど忘れ(T_T)
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-07-03 12:34 | やんばる2008 | Comments(4)

こ~んな風に遊んでました。(^^ゞ

ごつごつツンツンしたサンゴ礁の隙間に手を突っ込んで~

b0108186_10455657.jpg


                                          GET!  クロナマコかな。

b0108186_10472527.jpg

つかみ出すと水鉄砲みたいに海水を放射するのが面白いらしくて
娘その1は好んでナマコを探し出しては「見て見て!」を繰り返した。
血は争えない。。。(爆)

これは平常のナマコ、  ゆったりとお散歩中。

b0108186_10503891.jpg


この中に4匹のヤドカリ。

b0108186_1051863.jpg


b0108186_10512710.jpg


b0108186_10513658.jpg


これは・・・?

b0108186_10515967.jpg


カノコオウギガニというらしい。

b0108186_10521187.jpg


イボヒトデ。  沖縄の生きもののネーミングはとても分かりやすくてd(-。^)good!!

b0108186_10534385.jpg


さぁ~て、地元民が陸に向かい始めた。
これがホンマの潮時か。
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-07-01 10:57 | やんばる2008 | Comments(9)
「イノーとは沖縄の方言で、サンゴ礁に囲まれた浅い海を表します。」 (美ら海観察ガイドより)

東シナ海に臨む国頭(くにがみ)の海岸にて  (継ぎ剥ぎパノラマ)

b0108186_23512419.jpg

引き潮で沖合いのサンゴ礁が姿を現した。
イノーでどんな生きものに出会えるかな?

おーい!
♪探し物は なんですか~ 見つけにくいものですか~

b0108186_23532484.jpg

後で尋ねたら、貝を探してたそうな。

細長ぁ~~~~~い オオイカリナマコ

b0108186_23543638.jpg


サンゴ礁のすき間に・・・

b0108186_23555794.jpg

アオヒトデ  ・・・見たまんまの名前。。。

b0108186_23572058.jpg


ツマジロナガウニ と シャコ  ・・・鮨ネタになるといいね♪

b0108186_2358996.jpg


イノーに取り残された魚 コバルトスズメだそうです。 あべさん~(^人^)感謝♪

b0108186_2358458.jpg


b0108186_23585742.jpg


サンゴ礁の崖っぷち(?)から北東の辺戸岬方向を臨む。

b0108186_001668.jpg


この日の午後の最大干潮は3時前後。
地元の人たちも繰り出して採集に精を出していた。
いつ潮が満ちて来るのか分からなくて不安だったけど、地元民ががんばってる内は大丈夫だろうと踏んで、
イノーと人の動きと両方に目をやりながら観察を続けた。
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-30 00:11 | やんばる2008 | Comments(12)
比地キャンプ場から片道40分とされるところを、たっぷり2時間30分かかっていた。(^^ゞ
観察しながら~撮影もしながら~ハブ・ヒメハブが出て来ないかびくびくしながら~

戻りは一気に駆け下ろう!

と言いながら、遊歩道の手すりでナナフシ見っけ!
そこで成りきってもバレバレなのにね。      GX-100 ボケボケなので縮めrました。m(_ _)m
b0108186_11525296.jpg


こんな近くにオキナワキノボリトカゲ

b0108186_11543275.jpg

登ることもあるが~

b0108186_11545165.jpg

下ることもある~

b0108186_11552436.jpg


ダイトウクダマキモドキの幼虫かな?

b0108186_11554186.jpg


吊り橋の上で穴ぼこを気にする・・・ニホントカゲの幼体か? 
・・・・いえいえ~どうやら日本固有種のバーバートカゲだそうで青が☆彡   Mr.みず、( v^-゚)Thanks♪

b0108186_1222928.jpg

この吊り橋で黄金に輝く虫が足元に落ちて来た!
あまりの近さに焦点が合わず、デジカメに換えてる間に飛び去られた。。・゚゚・(T人T)・゚゚・。
あの縞々はウバタマムシの仲間だったような・・・
素手で捕獲できたのに・・・咄嗟の判断を誤ったと悔やまれる。。。

リュウキュウルリモントンボ  渓流沿いの林の暗がりがお好きなようで。

b0108186_1242636.jpg


バッタの仲間

b0108186_1244338.jpg

最後まで注意書き看板におびえたやんばるの森、
たくさんの生きものに出会えたが、あと一歩がどうしても踏み出せなかった。
季節を変えてまた訪れてみたい。
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-11 12:19 | やんばる2008 | Comments(8)
あぁ~清々しい~~~
けど「ハブ・ヒメハブ注意!」看板はこの一帯で数を増し、
一目で5枚ぐらい入ってくるのでありました。。。
b0108186_22393772.jpg


岩影でやけに愛想の良い野鳥を見っけ!

b0108186_22434430.jpg


ブルブルブルッ! シャバシャバシャバッ!

b0108186_22443173.jpg


ふぅ~すっきりしたぜ~♪

b0108186_22445644.jpg


ふっふっふぅ~、オイラがアカヒゲの♂  (アカヒゲの♀は~こちらでした)

b0108186_22533442.jpg


滝の流れて行く先を眺める

b0108186_2248971.jpg


と!
その暗がりの中の湿気を帯びた岩の上に・・・( --) ・・・・・・ジィ-・・・・

b0108186_22493319.jpg


1cmあるかないかのこの虫のかもし出す雰囲気は、ひょっとしてハンミョウ?!

b0108186_22502298.jpg


おぉ~もぐもぐしてる!
この虫に出会えたことで、ここまで来て良かった~♪としみじみ思えた。
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-09 22:55 | やんばる2008 | Comments(10)

遊歩道沿いに貼り付けられた注意書き
これが「もぉー、またぁ~~~?!」と大ため息が出るくらいに進む先々で呼びかけている。

b0108186_2118614.jpg

一体何枚あったのか? 数えておけば良かったかなぁ~(^^ゞ

岩の辺り、日向ぼっこに出てることがあるそうな。
草むらに潜んでいることもあるから藪漕ぎは御法度。
それくらいは~知っていたよ~( ̄へ  ̄ 凸
がぁー!
木の上にいて、ドサッ!と降って来ることもあるそうな。
・・・防ぎようがないじゃないか。。。(>_<")

リュウキュウルリモントンボ

b0108186_21193148.jpg


遊歩道のすぐ脇、手を伸ばせば届きそうな所に、染み出しのある岩壁。
こんなところにリュウキュウトゲオトンボやリュウキュウルリモントンボはいた。
b0108186_21194371.jpg


キベリヒラタノミハムシを狙う(?)クモ (オオシロカネグモ、くまじろうさん、ありがとう!)

b0108186_21195314.jpg


こんな看板も~

b0108186_212057.jpg

緊急時とは・・・?  きっとこんなのが役立つ場合があるのね~(>_<")

b0108186_21201660.jpg


遊歩道の手すりに、ちょっと翅がよじれてる~アマミアオジョウカイ

b0108186_21204785.jpg


ようやく大滝が見えてきた!

b0108186_21205731.jpg


(撮影はすべてGX-100)
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-08 21:22 | やんばる2008 | Comments(20)

約」1.4kmの遊歩道の中盤にさしかかる。  (Caplio GX100)

b0108186_9274417.jpg


シリケンイモリ!  急な階段の途中で目が合う♪

b0108186_9285667.jpg


吊り橋。
眼下を流れる渓谷の音は届いてこない。   (Caplio GX100)

b0108186_9291741.jpg


やんばるの森の懐の中で、深呼吸を1か~い、2か~い、3か~い、・・・(〃´ー`)=3         (Caplio GX100)

b0108186_9293151.jpg


しみ出し水のあるぬれた岩肌の近辺で
暗がりに目を凝らせばいくらでも見つけられたリュウキュウトゲオトンボ
♂同士がスクランブル発進をかけあっていた。

b0108186_9294657.jpg


b0108186_930085.jpg


みごとな忍者ぶり!          (Caplio GX100)

b0108186_9383544.jpg

近づいて~               (Caplio GX100)

b0108186_939062.jpg

オキナワキノボリトカゲ   
アガマ科 Agamidae キノボリトカゲ属 Japalura オキナワキノボリトカゲ Japalura polygonata polygonata (Hallowell, 1861)
(Mr.みず、( v^-゚)Thanks♪ )

b0108186_9302388.jpg

黄緑色じゃないけど、背景色に紛らわせているのかな?

娘その1が色めき立って!(〇o〇;)!「 でっかいあれなに?  ・・・あそこにも! ・・・生物?」
ひねり飴みたいな・・・、ちぎり餅みたいな・・・、なぜか食べ物ばかり連想させる~おいしそうで気色悪いハテナ?     (Caplio GX100)
b0108186_931739.jpg

どうやらヤンバルヤマナメクジらしい。

比地川にゴロンゴロンしてる岩に降りて休憩。    (Caplio GX100)

b0108186_9322544.jpg

やたらハエが多かった。
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-07 09:34 | やんばる2008 | Comments(4)

比地大滝(その3) 


ちょっと比地川の川原に下りてみよう♪

b0108186_22265471.jpg


靴底を川原の砂利に踏み下ろした途端、白いのや黒いのがふわふわふわふわ~~~~~
あー逃げてもぉた~。。。
が、しばらくするとまた舞い戻る♪
だるまさんがころんだ!方式でチョウに迫ってみた。

b0108186_22174561.jpg


おぉ!あれが噂の南方系の・・・イシガケチョウ
b0108186_2218827.jpg


b0108186_22195163.jpg


b0108186_2220011.jpg


b0108186_22201158.jpg


b0108186_22202753.jpg

こんなにぺっちゃんこしてたら見分けがつかない。

聞こえた音
比地川のせせらぎ
ウグイスのボイストレーニング
チョウのハタハタ~~~~  (気のせい?)

b0108186_22211350.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-05 22:24 | やんばる2008 | Comments(12)

比地川の清流とやんばるの深い森に囲まれながら遊歩道を進む。
「ハブ・ヒメハブに注意!」が呪文となって、ひざが笑う状態になりながら・・・

見上げると~ヘゴの木。
b0108186_227436.jpg

なんか・・・恐竜時代にタイムスリップしたような。

リュウキュウハグロトンボ♂

b0108186_2272684.jpg


リュウキュウハグロトンボ♀

b0108186_2273712.jpg


ぴょん!と跳んだから見つかったリュウキュウカジカガエル      (Mr.Fujita ありがとう!)

b0108186_2275120.jpg


森の暗がりが好きなのか・・・、撮影者泣かせのリュウキュウトゲオトンボ♂

b0108186_2285838.jpg


これは~これは~と色めき立ったシリケンイモリ  

b0108186_2291579.jpg


うれしくて~わくわく♪~ぶれぶれ~
こわくて~ガクガクで~ぶれぶれ~
m(_ _)m
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-05 22:11 | やんばる2008 | Comments(2)

比地大滝(その1)


一番遠い駐車場で下車して比地キャンプ場の管理棟に歩いて行くまで2分とかからない距離なのだが
そこはもうやんばるの深い森の一端。

b0108186_9442617.jpg

伊丹昆虫館でしか見たことのないチョウの乱舞~☆彡
なじみの薄い植物の奥の暗がりに何かいそうでドキドキ~(>_<")
アスファルト道路の上にも何かが走り、
水が染み出るような場所とそれを集める側溝の辺りには・・・いるかも~いるかも~♪
同行者が居なかったら、そこだけで丸一日ウハウハしていたかもしれない。
(*^日^*)ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

観察したもの(興奮してまともに撮影できなかったもの)
ゴマダラチョウの仲間
イシガケチョウ
カラスアゲハ
シジミチョウの仲間
ミスジチョウの仲間
ヒカゲチョウの仲間
オオシオカラトンボのタンデムと産卵
ハグロトンボ
ハエ、いろいろ
ツユムシの仲間
聞いたことにない野鳥の声

ウラナミシジミ
b0108186_9452924.jpg


ツユムシの仲間の子供かな?
b0108186_9465720.jpg


管理棟で環境保全協力券¥300(国頭村民は¥200)を購入し、
カエルツボカビ症などの予見しがたい菌の持込を予防するために、
消毒液の中を歩いてキャンプ地に入る。

いきなりお出迎えのハンミョウ、曇天で精彩がなく、姫路で見かけるのとあまり違わないような?
b0108186_949995.jpg


ぉおっ!
頭の上に、おこぼれ頂戴バエが3匹!
b0108186_9503190.jpg


頭上の樹の暗がりにオキナワキノボリトカゲ
b0108186_9512611.jpg


こんなに何気にいていいのかな?
b0108186_9513698.jpg


これは・・・、アカヒゲ(日本固有種で,国の天然記念物)の♀かな?
b0108186_953379.jpg


どうやら芋虫をGET!
b0108186_9544051.jpg


いたる所に真新しい「ハブ・ヒメハブに注意!」のプレートがぶら下げられている。
足の踏み出しにおっかなびっくりさせられる実物写真の凄みであった。(>_<")
[PR]
by MatsuHimeji | 2008-06-04 10:04 | やんばる2008 | Comments(10)