主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:ボルネオ観察会2009( 50 )

♪これっきり これっきり これっきり  
♪これっきり~ぃですよ~~~~~


正午近くなると、もう暑さで体力も気力も尽きてきた。。。
12:20に正面玄関に集合して、近くのレストランへGo!
b0108186_22253978.jpg


いかにも庶民的な中華っぽくもあるマレーシア料理が次々に食卓に運ばれて~
ご飯を盛ったワンディッシュに、大盛りのおかず4品を好みで装っていただく。
手前から、(1品)いっくらでも食べられそうな野菜の炒め物
(2品)残骸に近いけど・・・辛い鶏肉のカレー煮
(3品)さっぱりした白身魚と香草のマリネ(食傷気味のメンバーに大人気だった)
(4品)海老のフリッターみたいの
b0108186_22255911.jpg

並びきれなくて脇でスタンバイするスープとフルーツ
b0108186_22295876.jpg

唐辛子の利いたのと、それ程でもないのと、2種出てきたトムヤンクン
こちらはメッチャおいしかった辛い方のトムヤンクン☆☆☆!
b0108186_22311055.jpg

お一人様1個ずつの生マンゴー(^-^)v
b0108186_223129100.jpg

「もう食えねぇ~食えねぇ~」状態なのに、これなら不思議と入るアイス・スティック
トイメンが食してるのは悶えのドリアン味 (>_<)
b0108186_2231492.jpg

↑の20分後、まだ食べてる・・・若いって凄い!\(◎o◎)/!
b0108186_22322240.jpg

なぜかレストランの隅っこで・・・箱入り子持ち鶏♀
b0108186_223234100.jpg

外の庭には二羽鶏が~ (背景の民家がマレーシアン☆彡)
b0108186_22332360.jpg

それじゃ~不便でないかぃ? 受け口の鶏♂さん。
b0108186_22334356.jpg

13:45、食事を済ませて再びワイルドライフ・パークにGo!

この17時間後、関空に降り立っていた。
サッブゥ~~~~~~{{{{(+_+)}}}}      

     【完】


こんな長丁場にするつもりはなかったのに
あれも面白かった~これも外せない~が多くて・・・
でも最後はレポするのに力尽きて失速しちゃいました。(T_T)
長らくのお付き合い、どうもありがとうございました。
m(_ _)m
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-05-13 22:41 | ボルネオ観察会2009 | Comments(12)

パークのあちこちで見かけた野良虫たち

アサギシロチョウ
b0108186_0411912.jpg


ハイイロタテハモドキ
b0108186_0413838.jpg


小さな小さなコオロギの仲間?
b0108186_0421748.jpg


コオロギの仲間
b0108186_0424668.jpg


ここでしか見られないボルネオ固有種や希少種をもっとしっかり観ておくべきだったが、
そこらをなにげに飛ぶチョウや蟲を見るとスルーし難く・・・
植物園も丁寧に見ればもっと蟲たちに出会えたかもしれないし・・・
あぁ心残り。。。
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-05-08 00:50 | ボルネオ観察会2009 | Comments(8)

オオコウモリの仲間
目が大きくて顔つきがどことなく犬みたい。
蝙蝠のイメージが変わった。
b0108186_1923290.jpg

もう5月に入って、なのにまだ2月のボルネオ?と我ながら食傷気味。。。
(50)話で完結させたい!させなければ!させるわよ~~~~~~~!
と宣言してみる。

[PR]
by MatsuHimeji | 2009-05-06 19:27 | ボルネオ観察会2009 | Comments(6)

この舎にはサイチョウの仲間とエミスムツアシガメ(リクガメの仲間)とがいるそうだが~
カメはどこにいる?

わっ!あんなところで・・・甲羅干しかな?
b0108186_23431945.jpg

ダダダダダダッ!と駆け寄ってご対面♪
そ、そんなにも、、、脱走したいのね~
b0108186_23434353.jpg

真上からだと、六肢亀の名の由来になっている鱗(後肢と尾の間には発達した棘状の鱗)が見えない。
b0108186_23435733.jpg

意外にもとっとこ~とっとこ~亀足が早くて
お尻は見えているけど鱗ははっきり見えなかった。 
(画像では右側の鱗がちょこっと見えてる)
b0108186_23443964.jpg

撮影機材:μ1030SW
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-05-02 23:46 | ボルネオ観察会2009 | Comments(2)

マレーグマは寝ていた。
拗ねたように背を向けて~Zzzz~Zzzz~Zzzz~Zzzz~
b0108186_0151576.jpg

「ちょっとこっち向いてよ~(-∧-)」と念ずれば通じたのか?
あぁぁぁぁぁ~~~~~~~よぉ寝たぁ~~~~~
b0108186_0153221.jpg

あぁぁぁぁぁ~~~~~~~まだ眠たぁ~~~~~
b0108186_0154310.jpg

ギャラリーに気遣いせずに寝直し。
b0108186_016185.jpg

舎、全体が Zzzz~Zzzz~Zzzz~Zzzz~
b0108186_01631100.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-30 00:16 | ボルネオ観察会2009 | Comments(6)
どこにでも居そうな牛に見えますが・・・
冬羽のアマサギに見えますが・・・
熱帯でも冬羽とか夏羽とかあるのかなぁ?
b0108186_0453965.jpg


バンテン♀(ボルネオでは絶滅危惧種の野牛)
b0108186_046347.jpg

バンテン♂、気性が荒いらしいが、こんな姿だと想像がつかない。
b0108186_0461556.jpg

不勉強で、バンテンの予備知識がなかったもんで、画像はこれだけ。。。
あぁ惜しいことをした。。。

おまけ:バンテンの後にいた小鳥
b0108186_0463269.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-29 00:47 | ボルネオ観察会2009 | Comments(4)

食事中のテングザル♀
b0108186_175997.jpg

背後で遊ぶ子テングが気になる様子で、時々振り向く。
b0108186_17594476.jpg

子テングはちょこまか動き回って遊ぶのに忙しい。
b0108186_180677.jpg

接近すると~ちょっかい出さずにはいられない。
b0108186_1802783.jpg

テングザル舎のそんなこんなを高みで見下ろすボスのテングザル♂
堂々として立派☆彡
b0108186_1805262.jpg

キナバタンガン川沿いの林で見た野生の集団の様子や位置関係とそっくりで面白かった。
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-27 17:59 | ボルネオ観察会2009 | Comments(6)
ここはスマトラサイとスイロク(サンバー)の舎
鵜の目鷹の目で探しても分からなくて、
あそこ!と教えてもらって目を凝らしても、あそこのどこよ~?って感じで・・・
あれか?!
b0108186_0155664.jpg

スマトラサイ♀・・・かなり・・・ものすごい高齢で、
近頃は立ち上がる様子もあまり見られなくて、
こうやって泥の中に身を埋めてじぃーっとしてることが多いそうな。
b0108186_0163275.jpg

今回の観察会のお目当ての一種で、風前の灯の絶滅危惧IA類(CR)
(ジャワサイはスマトラでは絶滅してしまった。)
あれじゃ、ヌタ場の猪とあんまし変わらんじゃないか・・・

最後にもう一度しっかり目に焼き付けておこうと、戻りがけに立ち寄った。
したらば何と柵に寄りかかってヨタヨタしてるじゃないか!
b0108186_0193093.jpg

そばに居たサンバーが近寄って来て~頬を合わせ~
b0108186_0194570.jpg

角を付き合わせるみたいにスリスリ~スリスリ~
b0108186_0195665.jpg

サンバーのお尻に顔をもたせかけて、ゆっくり移動・・・
b0108186_0201047.jpg

そしてまた、スリスリ~スリスリ~
b0108186_020399.jpg

サイはほとんど身動ぎせず、サンバーは優しげにスリスリ~スリスリ~
b0108186_021247.jpg

かゆい・・・ムズムズする・・・ゴシゴシする・・・どれにも見えなかった。
サンバーにスリスリ~されるがままになって、しかも心地良さげ。
b0108186_0214275.jpg

サイの頭がだんだん下がってきたら、サンバーが下から押し上げて・・・
b0108186_0214585.jpg

こんな光景を夢心地でしばらく見ていた。
集合時間になったので、その後を見届けていない。

「サンバー、優しかったね~」
「サンバーを信頼し切ってたように見えたな~」
「あれは、介護サンバーだな、きっと!」
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-26 00:26 | ボルネオ観察会2009 | Comments(10)

オランウータン舎は、他もそうだけど、かなり広大!
セピロクのオランウータン・リハビリテーション・センターからやって来た子もいるとか?
やはり目を惹くのは、かわいいベィビー♪

「おかぁちゃ~~~ん」
b0108186_23472657.jpg

「あぃよ!」
b0108186_23474250.jpg

「おんぶ~♪」
b0108186_23483059.jpg

「こちょばしちゃろか~コチョコチョ~」
b0108186_23531183.jpg

ところで、「こちょばす」って、わかりますか?
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-24 23:54 | ボルネオ観察会2009 | Comments(4)
これまでたくさんの生き物たちを観察できたのは自然保護区の中。
でも、そうでないエリアの方がはるかに広大で、
その現実を目の当たりにすると、いかにノー天気な私でも
「主婦はこんなのも見た!」と告知・・・というか懺悔したくなるのです。
地球の悲鳴 ボルネオ島 迫りくる決断の時
11頁あります。お時間のある時にお読み下さい。m(_ _)m


コタキナバル郊外にある2007年オープンの動植物園で
現地人でも実物を見たことのある人は少ないだろうと思われる
ボルネオゾウ、スマトラサイ、バンテン、テングザル、オランウータンなど、
ボルネオに生息する絶滅危惧種の動物たちを間近で観察した。

まずは、ボルネオゾウ          【図解】小型アジアゾウ「ボルネオゾウ」

この案内板の絵にあるような豊かな自然遺産が
きっときっと次世代に引き継がれますように!(-∧-)
アブラヤシのプランテーションに入り込んで、目の前で母親や仲間が射殺され、
心的外傷後ストレス障害で摂食困難な子ゾウも収容されているゾウ舎
b0108186_22505299.jpg

思わず口ずさむ~
♪ ゾォーオさん ゾォーオさん おー鼻が 長いのね~
♪ そぉーよ 母さんも なぁーがいのよ~~~
b0108186_22545733.jpg

「おいしいね~♪」
b0108186_22514243.jpg

「ちょーだい!」
b0108186_22521368.jpg


b0108186_22522575.jpg

なにやってんだか?
前を行くゾウを足蹴にしてこかして、そのお尻に鼻先を突っ込んでた。
b0108186_22524458.jpg

一人遊びも上手(BGMは♪子象の行進)
b0108186_22525429.jpg

やっぱゾウさんはいぃわ~♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2009-04-23 22:51 | ボルネオ観察会2009 | Comments(0)