主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:2010夏・秋田駒ケ岳( 16 )


抱返り渓谷の次は、「秋田に来てこの杉を見なかったら、秋田に来たとはいえないでしょう~d(-_^) 」と

ガイドの田口さんに曳かれて金峰神社へ。


11:21、参道の樹齢350~800年以上の杉並木(県指定天然記念物)を見上げる。

b0108186_23584280.jpg



大杉の胴回りと高さが・・・想像できるかな?  

b0108186_23591637.jpg



厳かな金峰神社

b0108186_23593017.jpg



「大きな杉やねぇ~、大き過ぎやね~。。。」

b0108186_001881.jpg



でも心惹かれたのは~笑う狛犬(^^)

b0108186_003211.jpg



おかあちゃんと子どもの狛犬 !(^^)!

b0108186_004939.jpg



参道脇のマムシグサの若い実

b0108186_01235.jpg



参道の石段にキセルガイの仲間

b0108186_011981.jpg



「さぁ~お昼ご飯は何かな~♪」 弾んで引き返す参道

b0108186_013330.jpg



11:35、乗車寸前に見っけ! ツチガエルかな?

b0108186_015631.jpg



今回の旅では、田沢湖をこよなく愛されている田口様(宝風オーナー)に大変お世話になりました。

http://www.takarakaze.com/index.htm

パックツアーでは歩けないユニークなコースを案内していただき、田沢湖を堪能させてもらいました。
ここに厚く御礼申し上げます。 (^人^)感謝♪
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-08-30 00:12 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(0)

7月10日(土)、東北の耶馬溪と称される田沢湖抱返り(だきかえり)県立自然公園を散策。

9:34、出発点にある案内板

b0108186_2328673.jpg



ニワトコの赤い実、 雨に洗われた緑が☆彡

b0108186_23281778.jpg



秋田駒ケ岳を歩いた前日とは打って変わって、この日は梅雨らしいザーザー雨。。。。。。。。。

b0108186_23283149.jpg



雨降りだとお出まし率が高くなる~(^^♪

b0108186_23285092.jpg



9:55、渓谷に沿って遡上する途中、誓願橋を渡る。

b0108186_2329710.jpg



橋から見下ろす渓谷

b0108186_23292317.jpg



断崖に咲くユリ

b0108186_23293690.jpg



さらに進んで、穿たれたトンネルを行く

b0108186_23295740.jpg



降りしきる雨で、遊歩道のあちこちが滝壺状態。

b0108186_2330161.jpg



多分、名前もない出来立ての滝?

b0108186_23303488.jpg



はるか頭上高く、天空からの落水

b0108186_23305344.jpg



10:11、遠く離れて振り返って観る「回顧の滝」

b0108186_23315285.jpg



緑の合間に見え隠れする渓谷

b0108186_2332467.jpg



強い雨脚に煙る抱返り渓谷

b0108186_2332215.jpg



10:27、さぁ~引き返そう!

b0108186_23323570.jpg



見上げる崖

b0108186_23324984.jpg



11時過ぎに出発点へ戻りつくまでに、憧れの大きなアズマヒキガエル4頭に出会った。(^O^)/
バッテリー切れ寸前でフラッシュが焚けなかったこともあってブレブレ画像がほとんど、、、(-公-;)
証拠写真だけど、なんとも思慮深そうな~いぃお顔☆彡でしょ~ヾ(^▽^*

b0108186_2333351.jpg



b0108186_23334837.jpg

必死に寄って、這いつくばってGET!しました。(^^)v

撮影機材: E-3+ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5


さん山会の皆様 

この日、激しい雨降りに、Isoさんは愛機を撤収しておられました。
なので公開できる画像はMatsuのしかございません。
堪えてくだされや~~~m(__)m

[PR]
by MatsuHImeji | 2010-08-29 23:39 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(0)

足場の悪い下りに難儀しながら、どうにか皆に追いついて・・・(^^ゞ

マイヅルソウ、花と実

b0108186_23223881.jpg



これから開花しそうなミヤマダイモンジソウ

b0108186_23225519.jpg



間近で覗いて見たウラジロヨウラク 

b0108186_23232882.jpg



ハリブキ(針蕗) Oplopanax japonicus 、ウコギ科ハリブキ属の落葉低木。雌雄異株。

緑白色の小花を咲かせていた。   これが真っ赤に実った姿を見てみたいけど、兵庫では無理かな?

b0108186_23242292.jpg



ミヤマハンショウヅル

b0108186_23244577.jpg



オニアザミの蕾、 ヤマボクチの仲間かと見紛うくらいに大きかった。(◎-◎;)!!

b0108186_2325140.jpg



ハクサンチドリ

b0108186_23251896.jpg



イワハゼ

b0108186_23253582.jpg



クロウスゴ

b0108186_23254946.jpg



16:05、出発点で終点の八合目小屋の案内板~~~~~~~~~~~\(^o^)/

b0108186_23261552.jpg


歩数計は人まちまちで、およそ2万歩前後。

梅雨真っ只中だというのに降りもず、照り過ぎもせず、
こけたりくじいたりはあっても大怪我人も出ず、
一生分の(?)お花を見られて、あぁ~桃源郷の気分でしたね~♪
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-08-02 23:31 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(4)

これから先の山道は、男女岳の北裾を八合目小屋のある東方向に下って行くのだが、
その途中にまだ残雪が見られる場所があって・・・そこはまだ早春の様相。

急な斜面に群生するサンカヨウ

b0108186_044769.jpg



上斜面にもサンカヨウ、 まだ芽吹いていないこの低い樹木はなんだろう?

b0108186_05441.jpg



ノウゴウイチゴ、 この実はとっても甘くて美味しいんだそうな。(^^)

b0108186_052897.jpg



ベニバナイチゴ、 この実は食べられるけどあまり美味しくはないんだそうな。

食べ比べてみたいな~(^^ゞ

b0108186_061536.jpg



カエル ?! (◎-◎;)!!

b0108186_063963.jpg



先を急いで奥へ行こうとするところを思い留まってもらって(?)、ちょっと観察(¬o¬)----☆ 




アズマヒキガエル Bufo japonicus formosus  (「ハンサムなニホンのヒキガエル」の意味だそうです。)

b0108186_092846.jpg


う~ん、ほんまに見れば見るほど~☆彡 と一人悦に入っていたら、
すっかり置いてけ放りを食っていた。。。

b0108186_09501.jpg


15:40、 ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=(/*~▽)/
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-08-01 00:10 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(4)

さん山会の皆様へ : 7月中には上げ終えてこのままCDに落とす予定でしたが・・・もう直ぐ8月に・・・(-ω-;)


男女岳の北西の裾野(標高1500m付近)では、
ハイマツ、オオカメノキ、ハクサンシャクナゲ、マルバシモツケなどが混生していた。

b0108186_23524670.jpg



マルバシモツケで吸蜜するアブの仲間

b0108186_23525946.jpg



ハクサンシャクナゲの花の中で・・・何をしているの?・・・フキバッタ

b0108186_23533146.jpg



カラフトイチヤクソウ

b0108186_23534531.jpg



ヤマハハコ、 まだ開花し始めのものがほとんどだった。

b0108186_235492.jpg



エゾヨツバムグラ

b0108186_23544270.jpg



15:04、標高1450m付近で道の行く手に片倉岳展望台が見えて来た。(^O^)/

正面遠方には、あの見覚えのある特徴的な頂をした乳頭山 (^O^)/

b0108186_23551150.jpg



間近に見られたミヤマウスユキソウ (エーデルワイスの仲間)

b0108186_23553756.jpg



モミジカラマツ、 この標高まで下って来るとほんとうによく目に付く。

b0108186_23563879.jpg



ゴゼンタチバナ

b0108186_2357313.jpg



コケモモ

b0108186_23571231.jpg



オノエラン、 目新しい花という感じがしなくなるほど普通によく咲いていた。

b0108186_23572752.jpg



アシガタショウマに止まるフキバッタ

b0108186_23582155.jpg



15:21、片倉岳展望台(1440m)に到着\(^o^)/

展望台から南方に男女岳、西方に田沢湖を望む。        ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

b0108186_23584079.jpg

[PR]
by MatsuHImeji | 2010-08-01 00:00 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(0)

14:21、焼森山頂からも見えていた阿弥陀池の西の端まで下る。

b0108186_0132031.jpg



ヨツバシオガマ

b0108186_0144262.jpg


ヨツバシオガマと、阿弥陀池の北に位置する男女岳(1637m)

b0108186_0164834.jpg


ヨツバシオガマ・・・ 何度もm(__)m・・・こんなにきれいなのは初めてでうれしくて~(^^♪

b0108186_0182940.jpg


とどめのヨツバシオガマ☆彡  (^^♪ヾ(ーー )ォィ   バックは西に位置する男岳

b0108186_0201496.jpg


この先、男岳と男女岳との間の木道を北に下る。

b0108186_0221216.jpg



ハクサンシャジンの咲き始め

b0108186_0223584.jpg


ミネウスユキソウ

b0108186_023239.jpg



ジョウカイボンに良くもてるハクサンボウフウ

b0108186_0242997.jpg
 


マイヅルソウ                    以下、日差しが強くなって露出オーバー気味で~m(__)m

b0108186_0245586.jpg



昆虫に大人気\(^o^)/、 実をつけはじめたハクサンボウフウも。

b0108186_026829.jpg



14:42、視界が開け、西方向に田沢湖が見えてきた。

b0108186_0281118.jpg



キバナノコマノツメ

b0108186_0314817.jpg


男女岳の裾野を右回りするように、これから先のコースはやや東方向へ。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-30 00:38 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(0)

13:35  急斜面の天辺=馬の背@稜線を目指す。  

・・・そんなの、、、、、聞いてないよ。。。。。     まるで屏風みたい・・・ ┐(-。ー;)┌

ここらは1400m。
右上(東方向)の横岳と左上(西方向)の男岳との間、男岳分岐は標高1555m。
1555m-1400m=155m

「普通だと25分ぐらいかかるところを倍の50分ペースでゆっくり登りましょう~p(*^-^*)q 」

b0108186_228233.jpg


早春の様相だった駒池辺りとは違って、日当たりの良いこの南斜面は夏真っ盛り。

オオバキスミレ

b0108186_2284179.jpg



ハクサンチドリ  何度も目にするけど、その度に「これが一番☆彡」と思ってついつい撮ってしまう。(^^ゞ

b0108186_2285846.jpg



振り向けば~大焼砂@コマクサの群生地、小岳、馬場の小路など、 よく歩いてきたなぁ~(@_@;)

b0108186_22102622.jpg



ウラジロヨウラクと白いハクサンボウフウ

b0108186_22105187.jpg



ウサギギク、  対生する葉をウサギの耳に見立てたもの。

b0108186_2211721.jpg



トウゲブキ、  ツワブキみたい。

b0108186_22112392.jpg



ニッコウキスゲ

b0108186_2212827.jpg



14:08 馬の背までどうにか、、、こうにか、、、  
予定のコースタイムよりも早い33分で男岳分岐到着、、、
ゼェ~ゼェ~ゼェ~ (´ヘ`;) 

西の男岳の方向を見る。

b0108186_22124074.jpg


東の横岳の方向を見る。

b0108186_2213460.jpg



ミヤマキンバイにアブの仲間

b0108186_22131812.jpg



男岳の北側斜面にニッコウキスゲ、エゾツツジ、ハクサンボウフウ、など

b0108186_22133648.jpg



阿弥陀池の傍までは下り~(^^♪

b0108186_22135772.jpg


もう登りはないと聞いて心の底から万歳を叫んだ\(^o^)/
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-28 22:18 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(2)

馬車の小路から西に折れて、男岳と女岳との間の岩ごろごろを登る。

次に足をどこに置いて~よっこらしょ~~~~と体を上げるか?
それしか考えられなくなった。

花にもチョウにも反応できなくなった頃、
遠くに田沢湖を望む見晴らしの良い場所にたどり着いた。

12:42、ここでやっとこせのお弁当\(^o^)/
風の通り道にもなるようで爽風が吹き渡る~~~

b0108186_0221044.jpg



標高およそ1500mにある溶岩に腰掛けておにぎりを頬張りながら~北方向の男岳(1623m)を見上げる。

b0108186_023884.jpg



13:17、休憩お終いで、馬車の小路に戻る。

アオジョウカイの雌雄とアブの仲間 on ハクサンボウフウ

b0108186_0242059.jpg
                             

ミヤマダイコンソウ、 ごつごつした溶岩の上に根を張っている。(◎-◎;)!!

b0108186_0244289.jpg


その葉っぱの上にバッタの仲間が3匹

b0108186_026459.jpg



目に付く虫は皆バッタ (◎-◎;)!!  こんなバッタもおりました。

b0108186_0271281.jpg



ミヤマダイコンソウ、ネバリノギラン、オノエラン・・・ 一目でいろんな花が目に入る

b0108186_0274158.jpg



もしやもしやのゾウムシの仲間! !(^^)!   粉をふいたような水色☆彡

b0108186_029271.jpg


b0108186_0291311.jpg



シラネアオイが群生する馬車の小路近くまで下って来た。

b0108186_0293371.jpg



13:33、振り向けば~溶岩の上にミヤマキンバイ

b0108186_0295123.jpg


ここからジグザグ~ダラダラ~ジグザグ~ダラダラ~・・・・男岳分岐まで急坂直登。。。 ┐(-。ー;)┌
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-27 00:35 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(4)

わずかに雪が残る駒池

b0108186_2348852.jpg



池の中に・・・クロサンショウウオのものと思しき卵塊?!

b0108186_23482553.jpg



男岳を正面に見て、しかし目線は足元で、木道は傾斜を上げて行く。

b0108186_23491831.jpg


・・・あぁ~めまいが・・・(-公-;)  

お弁当は・・・まだですか?  >「まぁ~だだよ~~~」


ミネズオウ

b0108186_23493714.jpg



花びらを落とした後のチングルマにぶら下がる(?)コメツキムシみたいな虫!
フキバッタやジョウカイボンなんかよりも大きく見えた~\(^o^)/

b0108186_00575.jpg



イワハゼ(左下方)とアオノツガザクラ(右上方)

b0108186_23594366.jpg



チングルマ~ハクサンチドリ~エゾツツジ~~~   ♪どの花見ても~きれいだな~

b0108186_2350470.gif



ここでカメラのバッテリーが切れ、メモリーも切れ、エネルギーもプッツン。。。   

再起動をかけて、一人木道に寝転んで見上げたコイワカガミとチングルマ

b0108186_2352950.jpg



ウラジロヨウラク

b0108186_23522333.jpg



ミネザクラ

b0108186_23523955.jpg


7月に桜が見られるなんて~(◎-◎;)!!

b0108186_2353457.jpg



サンカヨウと何かの新芽

b0108186_2354274.jpg



ショウジョウバカマ  これも春先に咲く花

b0108186_23545316.jpg


シラネアオイ      この溶岩は、男岳からゴロンゴロンと転げ落ちてきたものらしい。

b0108186_2356786.jpg



女岳斜面にムラサキヤシオツツジと花後のミネザクラ

b0108186_23562525.jpg



溶岩に根を張るエゾツツジ

b0108186_23563921.jpg


お弁当は・・・まだですか?   >「もう少し行った所でね~」

男岳1623mと女岳1512mとの間のU字谷を、
「まぁ~きれい☆彡」 「わぁ~きれい☆彡」 の感嘆詞と共に 御一行は元気よく登って行った。

エネルギー切れの一人を除いて。。。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-23 00:00 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(2)

11:41、大焼砂と小岳の間の火口原に入ってきた。

ツリガネニンジンの花に似たハクサンシャジン

b0108186_23545885.jpg



ツルシキミ

b0108186_2355178.jpg



ハクサンチドリ

b0108186_23553824.jpg



木道に腰を下ろしてお花畑を目前にして昼弁当のグループもあった。

b0108186_23561813.jpg



イワカガミとチングルマの実

b0108186_23563397.jpg



雪解けが遅かったと思しき場所のチングルマは今が花盛り

b0108186_23565584.jpg



振り向けば~小岳東斜面はハイマツとチングルマに覆われて~

b0108186_23572029.jpg



ヒナザクラ

b0108186_23573761.jpg



木道は続くよどこまでも~

b0108186_235841.jpg



ミヤマカラマツ

b0108186_23581857.jpg



ムシトリスミレ

b0108186_23583139.jpg

スミレと名が付くけどタヌキモの仲間の食虫植物。
舌に似た内巻き状の葉で虫を捉えるんだそうな。 ・・・となると、あの葉っぱの上の茶色の点々は?!
あぁ、、、決定的瞬間を見ていない。。。┐(-。ー;)┌


イワハゼ

b0108186_23592778.jpg



エゾツツジ

b0108186_002865.jpg



小岳の北に回りこんで木道は続く。

陽が当たりにくい北斜面は早春の様相で、まるで山火事の跡みたいな雪解け後の地表に、目を凝らせば芽生えのようなものが点々と・・・

b0108186_0375566.jpg



12:00、駒池が見えて来た!

b0108186_0385645.jpg


正確無比なわたくしの腹時計も正午を告げた 「(´へ`;

でもこんな人通りのある木道ではお弁当にしないんだそうで。。。。。。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-22 00:03 | 2010夏・秋田駒ケ岳 | Comments(0)