主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー

<   2007年 02月 ( 43 )   > この月の画像一覧

さらばダナンバレー

10時ちょっと前に帰り着いたら何やらあわただしい。
「10時出発になりました。もうすぐ迎えの車が来ます。」
・・・(◎_◎;)・・・そんなの聞いてない。。。
火事場の馬鹿力的パワーで私物をトランクにシュート!
汗だくで車中の人となった。

猛スピードで悪路を飛ばすランドクルーザー。
視界ゼロの土埃に突っ込んでもスピードは落とさない。

こんな大型トレーラーを何台も追い越した。
毎日毎日、こうやって森から樹が切り出されて行く。
b0108186_2349571.jpg

長ぁ~~~~~いフタバガキの仲間が製材所でラワン材となって輸出される。
b0108186_23525641.jpg


ボルネオ島サバ州を南東海岸から北西海岸に飛ぶ時、
眼下に見えるのは、果てることなく大地をおおうアブラヤシの農場。
b0108186_045477.jpg

右上に白くみえる帯は、収穫されたアブラヤシが運び込まれる加工工場の煙。
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-25 00:04 | ボルネオ観察会

ダヌム川の岸辺で

朝食後、11時の出発までは自由時間。
荷造りもあるから、10時には戻るつもりでそのまま散策に出た。
食堂からヘリポートを通ってダヌム川へ。

b0108186_2395342.jpg

レイン・フォレスト・ロッジは、建物も木道も高床式。
でも場所が場所だから床下浸水は時々、
床上浸水で1ヶ月ぐらい休業したこともあるそうだ。

b0108186_23105549.jpg


水量が少ない今、三日月湖のような河跡があった。
わっ!オタマジャクシ!
よくよく目を凝らすと~

Look like~シオヤトンボ♂
b0108186_2311940.jpg


Look like~ハラボソトンボ♂
b0108186_2311302.jpg

Look like~タイリクショウジョウトンボ♂
b0108186_23114331.jpg


b0108186_23115880.jpg


思わせぶりな動きは万国共通のハンミョウ
b0108186_23123269.jpg

日本のナミハンミョウとニワハンミョウとを混ぜこじゃにしたような体色。
b0108186_23134688.jpg


水面に浮かんだ葉っぱ・・・みたいな虫を見っけ!
悲しくも★だった。
デジカメのレンズ・キャップ(直径58mm)と並べてみる。
b0108186_23142762.jpg

コノハギスの仲間。
この後、だれのご馳走になるのかな?
b0108186_2314382.jpg


川岸に座って川面を観察していた娘その2が、
川中の岩から川岸に向かって何かが移動するのを目撃。
カワウソ?
ミズオオトカゲ?

あなたはだぁれ?
b0108186_23145330.jpg

ムシヒキアブの仲間
b0108186_2315736.jpg


ここなら丸一日いても被写体に事欠かない。
でも時間切れ。。。
後ろ髪を引かれる思いでダヌム川を後にした。
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-25 00:03 | ボルネオ観察会

朝食に向かう木道で

ちょろちょろ流れる小川にさしかかった所で、
あれに見えるは・・・・・鳥?!
b0108186_22183442.jpg

下を覗き込む姿がカワセミの仲間に見える。
コウハシショウビンかな? 
b0108186_2219070.jpg


枝から小川にダイブしたように見えた次の瞬間、もう後方の枝に戻っていた。
朝御飯のごちそうをGET!
b0108186_2219518.jpg


×8の双眼鏡ではリアルに見えるのに、
コンパクトデジカメに納めるとなんだかなぁ・・・。


木道の両脇に植林されたビワモドキの木
b0108186_2221316.jpg

花が黄色いこのビワモドキは、
ビワモドキ属の常緑低木ディレニア・スフルティコサ  Dillenia suffruticosa
虫に大人気!
b0108186_22214288.jpg

クマバチみたいなのもやって来た。
b0108186_22215421.jpg

あなたはだぁれ?
b0108186_22222677.jpg


バッタの仲間は花びらが好物のようだ。
b0108186_2223319.jpg


レイン・フォレスト・ロッジの食事のお楽しみは、
マンゴー・ジュースとトロピカル・フルーツ♪
今日もしっかり身につけてお土産にしよう。ヾ(-。 -;)ォィォィ
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-25 00:02 | ボルネオ観察会

最終日の早朝

まだ霧の中の早朝5:50、気温25度、湿度77パーセント

これがテイオウゼミの声をきれいにRECする最後のチャンス!
ところが今朝に限って6時ゼミの声が聞こえない。
変わって耳に付くのは職員宿舎の発動機の唸り声。
ついてない。。。

仕方なく木道伝いに発動機の音から遠ざかる。。。
6:16 振り向けば~3泊お世話になった宿泊棟、ダヌム川、川岸林。
b0108186_10173210.jpg

6:20 ダヌム川のせせらぎ

朝の挨拶を交わす小鳥たち
帝王蝉の次に大きいセミの声(救急車のピィーポォーピィーポォーみたい)


6:27 宿泊棟に戻って、テラスに干していたバスタオルを取り込もうとしたら
おぉっ!
b0108186_1024831.jpg

明らかにテイオウゼミではない、なんだか分からん♀ゼミ
b0108186_10251447.jpg

動きが鈍く、飛び立とうとしないのを幸いに、明るい木道に移動させた。
b0108186_10264843.jpg

何気なく横を見やったら、やややっ!のヤケイ☆
b0108186_10285284.jpg

「えぇーーーーーっ!」が聞こえたらしく、歩を早める。
b0108186_10302485.jpg

そんなにあわてなくてもいいでしょうに・・・(ノ_-;)
b0108186_10321289.jpg


さぁ~て、出発までのFree timeはどう過ごすかな~?
やっぱジィーッとスタンバッて虫が撮りたいな~♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-25 00:01 | ボルネオ観察会
【 我ら8名2時間貸切途中下車観察有りアクティビティ 】

トラックの荷台から振り落とされまいと全身を鋼にするのは前回と同じ。
道路にゴロゴロしていた大きな糞の落とし主=ゾウに会えるかな~
ドキドキ~わくわく~♪

途中から夜霧に包まれて、風除けジャケットだけでは肌寒かった。

オオアカムササビ Petaurista petaurista
滑空する姿はついぞ観察できなかった。
b0108186_010168.jpg


ヨタカ Caprimulgus indicus
道路脇の切り通された岩場のくぼみで

ジャワマメジカ Tragulus javanicus 
道路脇の草むらで

ジャワジャコウネコ(マレーシベット)Viverra tangalunga
道路脇からちょっと奥まった茂みで

パームシベット Paradoxurus hermaphroditus

トマスクロムササビ Aeromys thomasi

夜の10時半を過ぎても行軍は続き、
こんな遠くまで来て大丈夫かなぁと心配になる。
幹事殿の心配は支払勘定のようで・・・。
やっとUターンが決まり、トラックも小休憩。
九重親方@ガイドと運転手は、トイレ・タバコ・給水。
こんな闇の中でトイレとは・・・大胆不敵!

「帰りはちょっとスピード・アップします。途中で観察したい場所は?」
「道端にあった大きな水たまり!」
という訳で、全員下車して水たまりを懐中電灯でなめまわす。

シロアゴガエル Polypedates leucomystax   かな?

更に加速されたトラックの荷台で体がバウンドするが、もう抗わない。
長ぁ~~~~い一日の疲れで、眠気が先行する。
でも最後の最後まで、九重親方@ガイドの強力サーチライトは
闇夜のジャングルをなめまわしていた。

23:44 メイン・ロッジに帰着

宿泊棟で本日のおさらい。
ダナン・バレーの夜は眠らない。
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:10 | ボルネオ観察会

夕方の森の音

PM.6:04~宿泊棟前の木道にて、森の音

ダヌム川のせせらぎ


テイオウゼミ ・・・NHK総合TVの『プラネットアース第9集「ジャングル 緑の魔境」』           
           では「6時ゼミ」と紹介されていた。
猿類の吼え声
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:09 | ボルネオ観察会

好きと苦手

「そこの木道にこんなのがいましたよ~(^^)」とメンバーから手渡された。

私の「好き」を覚えていてくれてありがとう!
b0108186_10520.jpg

身じろぎせず、成りすましているつもりらしい。
b0108186_101940.jpg

チョチョッと肢をつついたら、この格好で硬直。
b0108186_105138.jpg

枝に移そうとしたら落下!
どれどれ~どのくらいあるの?
b0108186_142266.jpg

これではナナフシだとバレバレ~(笑)
b0108186_153360.jpg


画像を撮ってない?そりゃ困るだろう~との思いやりから、
はるばるお届けいただいた私の「苦手」・・・(>_<")

木道にいた ~>・~~~~~~~~~~~~~~~

ジャスパーオオガシラ Boiga jaspidea
後牙(あときば)でヤマカガシと同じ意味で毒はありますが、
本来の毒ヘビとは違います。
(解説・画像提供:幹事殿のErpetonさん)

見たい方は、ここをクリック。。。。。。。。
にょろ遣いの撮影だけあって迫力ありすぎ・・・(ノ_-;)…
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:08

実りあるリタイア組

15:27 ここから右手のジャングルに入るホーンビルズ・トレイルをトレッキングする元気組と、車道をたどってロッジに戻るリタイア組とに分かれる。
b0108186_0402972.jpg

リタイアしたと言えども、このラクダの背のような道は自力で歩く。。。
b0108186_041593.jpg


トボトボ、トボトボ、トボトボ、・・・・
見っけ!
ジャノメチョウの仲間
b0108186_0412623.jpg

バッタの仲間・・・日本のバッタとあまり変わり映えしてないような?
b0108186_0413660.jpg

道端の水溜りの上に~
b0108186_0425598.jpg

b0108186_043592.jpg

キシタシロチョウ Cepora iudith hespera
b0108186_0432366.jpg

トラフタテハ・・・かな?
b0108186_0435517.jpg


ギャッ!
幹事殿の首筋に・・・
うんぬぅー、憎っくきタイガーリーチ!

【検証】 ヒルは、他のヒルの血を吸うか?

2匹のヒルの動向はいかに?!
・・・
うへぇ~~~~、吸いよった。。。

15:55ロッジに帰り着いて即スコール。
b0108186_055969.jpg


午後のトレッキング観察会を自主休講したメンバーは、
ダヌム川のほとりで休息中に、ミズオオトカゲらしき動物を観察した。

そしてロッジを繋ぐ木道で、好きと苦手とが観察された。
その話はまた!
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:07 | ボルネオ観察会
【テカラ・トレイル、2.5km / 3.5時間コースのトレッキング】

午前に歩いた川岸林の対岸を歩き、また山中を廻るコース。

お疲れ気味のメンバーが自主休憩を申し出た。
その他のメンバーも、
「えぇーっ!またそんなに歩くのぉー!雨降ってるしぃー!」とか
「あのぉ~途中で引き返してもいぃですか?」とか
「うちら観察しに来たんだよな~。」とか
「超オタクな集団の根性を叩き直そうと企んでるのでは?」とか・・・

↑、全部言いました、私。<(_ _)>

13:06 ロッジ近くでカニクイザルの群れ
b0108186_1202542.jpg

あぁほんのりと~紫小花
b0108186_120533.jpg


モンキードリア(食不可)

キリギリスの仲間?
b0108186_1211384.jpg


カギカヅラ

ボルネオコビトリス Exilisciurus exilis

ダヌム川の支流を渡る。
スコールに慌ててゆれゆれ~~~
b0108186_1223342.jpg

川岸林の中の小川にも大粒の雨
b0108186_1231845.jpg


モリゴキブリの仲間

Look like~エダシャク
b0108186_1254331.jpg

雨上がり、サルノコシカケから湯気ならぬ胞子が湧き立って見えた。
b0108186_12705.jpg

これは何の実? 命名:たこさんウィンナー
b0108186_1275742.jpg


ランの仲間
b0108186_1285690.jpg

b0108186_1291053.jpg


黄色い小花

マイマイ
b0108186_1293253.jpg


巨木に取り付いた絞め殺し植物(イチジクの仲間)
b0108186_1311450.jpg


15:04 やっと車道へ上りついた。

道端で日向ぼっこ中のトカゲを見っけ!
カメラを向けた途端に草むらに逃げ込まれた。。。
悔し紛れに撮った草むら画像の中に、こっちを振り向くトカゲが!(証拠写真)
b0108186_1445358.jpg


擬態の名人~☆
b0108186_147344.jpg

コノハツユムシの仲間
b0108186_1475698.jpg


ここから横道に入る別の観察路があって、ガイド氏は案内する気むんむんだが、
「行きたくない人は?」に「はぁーい!」と元気良く挙手する者が3名。
もちろん、この私も。
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:06 | ボルネオ観察会
【スガマ・トレイル(環状)トレッキングの後半】

10:02 吊り橋から川岸林を見る。
b0108186_23363521.jpg


ダヌム川に背を向け、川岸林から奥地へ登り進む。
「わっ!ゴキブリッ!」と前を歩く娘その2が板根を避けた。
b0108186_23365963.jpg

モリゴキブリか? あぁどれどれ~
・・・?!?・・・!!!
サルノコシカケがその延長に生えている。
バイオリンムシ Mormolyce phyllodes
b0108186_23373456.jpg


倒木には、園芸店で見かけるような観葉植物やランの仲間が着生。
それを踏み越えなければ前進できない場所もあって、なんだか足元が緊張する。
ランの仲間(花後の実)
b0108186_23382080.jpg


長ぁ~い葉っぱと背比べ
b0108186_23383042.jpg


薄暗さの中で目の覚めるようなキノコ(カップファンガスの小さいの?)
b0108186_23384299.jpg


ぬかるんで足場の無い斜面・・・一体どうやって登るの?!
b0108186_23393344.jpg


シロアリの巣
b0108186_23394768.jpg


根元に黄色い小花
b0108186_23401742.jpg


一部が実になっている白い小花
b0108186_234036100.jpg


ベコニアの仲間
b0108186_23405495.jpg


ランの仲間、釣り糸のようなシベの形が面白い。
b0108186_23433519.jpg


カギカヅラ Uncaria rhynchophylla
b0108186_23434952.jpg

b0108186_2344473.jpg

「ジャングルで飲み水に困ったら、この木を探すといいですよ。
根元近くを切り落としたら、そこから飲める水が出てきます。」
「へちま水を取る時に茎を切断しますが、そんな具合に水が取れるんですね。」
「いやもっと勢い良くたくさん出てきます。」
教わったサバイバルの術を使わずに済む事を祈る~( ̄人 ̄)

11:04 何の仲間の花だろう?
b0108186_23445091.jpg

b0108186_2345116.jpg


11:30 スコール! 雨具をしっかり着込む。
道無き道は更にぬかるんで、足場確保に必死で、観察するのは足元ばかり。

それで目に止まったネッタイタマヤスデ
b0108186_23473843.jpg


11:38 スコールを杯に受けるカップファンガス
b0108186_2351159.jpg


この後カメラをしまい込む。
小止みになってもついて行くのがやっとで、カメラを取り出せない。
結局、コースタイム4時間半のところを3時間ちょっとで駆け抜けた。

トレイル(観察路)の地図
[PR]
by MatsuHimeji | 2007-02-24 00:05 | ボルネオ観察会