主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー

<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

不思議に見えたもの


オオマリコケムシ

何度見ても、「あぁ~あの未確認浮遊物体みたいな~ボニョボニョした~ニホンアカガエルの卵塊の寄せ集めみたいな~ちょっと気色悪い~ ・・・」で名前が出てこない。(爆)

一抱えはありそうな枕ぐらいの大きさがありました。(◎-◎;)!!

b0108186_2159119.jpg




あのぉ~、どっちか一つに集中しなさいよ~なんて、大きなお世話だよね~(^^ゞ

b0108186_2201833.jpg




ひこうきトンボを撮るつもりが、空の青さと雲の☆彡とに目が吸い込まれて~w( ̄o ̄)w オオー!

b0108186_2214650.jpg


撮影機材:OLYMPUS E-PL1+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-30 22:06 | トンボ

14:21、焼森山頂からも見えていた阿弥陀池の西の端まで下る。

b0108186_0132031.jpg



ヨツバシオガマ

b0108186_0144262.jpg


ヨツバシオガマと、阿弥陀池の北に位置する男女岳(1637m)

b0108186_0164834.jpg


ヨツバシオガマ・・・ 何度もm(__)m・・・こんなにきれいなのは初めてでうれしくて~(^^♪

b0108186_0182940.jpg


とどめのヨツバシオガマ☆彡  (^^♪ヾ(ーー )ォィ   バックは西に位置する男岳

b0108186_0201496.jpg


この先、男岳と男女岳との間の木道を北に下る。

b0108186_0221216.jpg



ハクサンシャジンの咲き始め

b0108186_0223584.jpg


ミネウスユキソウ

b0108186_023239.jpg



ジョウカイボンに良くもてるハクサンボウフウ

b0108186_0242997.jpg
 


マイヅルソウ                    以下、日差しが強くなって露出オーバー気味で~m(__)m

b0108186_0245586.jpg



昆虫に大人気\(^o^)/、 実をつけはじめたハクサンボウフウも。

b0108186_026829.jpg



14:42、視界が開け、西方向に田沢湖が見えてきた。

b0108186_0281118.jpg



キバナノコマノツメ

b0108186_0314817.jpg


男女岳の裾野を右回りするように、これから先のコースはやや東方向へ。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-30 00:38 | 2010夏・秋田駒ケ岳

アゲハチョウ


ため池の堤体で、2頭のアゲハチョウが組んず解れつ・・・

b0108186_23344973.jpg



b0108186_2335146.jpg



b0108186_23351215.jpg



b0108186_23352538.jpg



ぱっと舞い上がったかと思うと別の場所で仕切り直しして~

組んず解れつ・・・  追いかけっこ? 求愛? 縄張り争い?

b0108186_23372176.jpg

何やってたんでしょう?
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-29 23:38 | 虫たち

13:35  急斜面の天辺=馬の背@稜線を目指す。  

・・・そんなの、、、、、聞いてないよ。。。。。     まるで屏風みたい・・・ ┐(-。ー;)┌

ここらは1400m。
右上(東方向)の横岳と左上(西方向)の男岳との間、男岳分岐は標高1555m。
1555m-1400m=155m

「普通だと25分ぐらいかかるところを倍の50分ペースでゆっくり登りましょう~p(*^-^*)q 」

b0108186_228233.jpg


早春の様相だった駒池辺りとは違って、日当たりの良いこの南斜面は夏真っ盛り。

オオバキスミレ

b0108186_2284179.jpg



ハクサンチドリ  何度も目にするけど、その度に「これが一番☆彡」と思ってついつい撮ってしまう。(^^ゞ

b0108186_2285846.jpg



振り向けば~大焼砂@コマクサの群生地、小岳、馬場の小路など、 よく歩いてきたなぁ~(@_@;)

b0108186_22102622.jpg



ウラジロヨウラクと白いハクサンボウフウ

b0108186_22105187.jpg



ウサギギク、  対生する葉をウサギの耳に見立てたもの。

b0108186_2211721.jpg



トウゲブキ、  ツワブキみたい。

b0108186_22112392.jpg



ニッコウキスゲ

b0108186_2212827.jpg



14:08 馬の背までどうにか、、、こうにか、、、  
予定のコースタイムよりも早い33分で男岳分岐到着、、、
ゼェ~ゼェ~ゼェ~ (´ヘ`;) 

西の男岳の方向を見る。

b0108186_22124074.jpg


東の横岳の方向を見る。

b0108186_2213460.jpg



ミヤマキンバイにアブの仲間

b0108186_22131812.jpg



男岳の北側斜面にニッコウキスゲ、エゾツツジ、ハクサンボウフウ、など

b0108186_22133648.jpg



阿弥陀池の傍までは下り~(^^♪

b0108186_22135772.jpg


もう登りはないと聞いて心の底から万歳を叫んだ\(^o^)/
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-28 22:18 | 2010夏・秋田駒ケ岳

馬車の小路から西に折れて、男岳と女岳との間の岩ごろごろを登る。

次に足をどこに置いて~よっこらしょ~~~~と体を上げるか?
それしか考えられなくなった。

花にもチョウにも反応できなくなった頃、
遠くに田沢湖を望む見晴らしの良い場所にたどり着いた。

12:42、ここでやっとこせのお弁当\(^o^)/
風の通り道にもなるようで爽風が吹き渡る~~~

b0108186_0221044.jpg



標高およそ1500mにある溶岩に腰掛けておにぎりを頬張りながら~北方向の男岳(1623m)を見上げる。

b0108186_023884.jpg



13:17、休憩お終いで、馬車の小路に戻る。

アオジョウカイの雌雄とアブの仲間 on ハクサンボウフウ

b0108186_0242059.jpg
                             

ミヤマダイコンソウ、 ごつごつした溶岩の上に根を張っている。(◎-◎;)!!

b0108186_0244289.jpg


その葉っぱの上にバッタの仲間が3匹

b0108186_026459.jpg



目に付く虫は皆バッタ (◎-◎;)!!  こんなバッタもおりました。

b0108186_0271281.jpg



ミヤマダイコンソウ、ネバリノギラン、オノエラン・・・ 一目でいろんな花が目に入る

b0108186_0274158.jpg



もしやもしやのゾウムシの仲間! !(^^)!   粉をふいたような水色☆彡

b0108186_029271.jpg


b0108186_0291311.jpg



シラネアオイが群生する馬車の小路近くまで下って来た。

b0108186_0293371.jpg



13:33、振り向けば~溶岩の上にミヤマキンバイ

b0108186_0295123.jpg


ここからジグザグ~ダラダラ~ジグザグ~ダラダラ~・・・・男岳分岐まで急坂直登。。。 ┐(-。ー;)┌
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-27 00:35 | 2010夏・秋田駒ケ岳

わずかに雪が残る駒池

b0108186_2348852.jpg



池の中に・・・クロサンショウウオのものと思しき卵塊?!

b0108186_23482553.jpg



男岳を正面に見て、しかし目線は足元で、木道は傾斜を上げて行く。

b0108186_23491831.jpg


・・・あぁ~めまいが・・・(-公-;)  

お弁当は・・・まだですか?  >「まぁ~だだよ~~~」


ミネズオウ

b0108186_23493714.jpg



花びらを落とした後のチングルマにぶら下がる(?)コメツキムシみたいな虫!
フキバッタやジョウカイボンなんかよりも大きく見えた~\(^o^)/

b0108186_00575.jpg



イワハゼ(左下方)とアオノツガザクラ(右上方)

b0108186_23594366.jpg



チングルマ~ハクサンチドリ~エゾツツジ~~~   ♪どの花見ても~きれいだな~

b0108186_2350470.gif



ここでカメラのバッテリーが切れ、メモリーも切れ、エネルギーもプッツン。。。   

再起動をかけて、一人木道に寝転んで見上げたコイワカガミとチングルマ

b0108186_2352950.jpg



ウラジロヨウラク

b0108186_23522333.jpg



ミネザクラ

b0108186_23523955.jpg


7月に桜が見られるなんて~(◎-◎;)!!

b0108186_2353457.jpg



サンカヨウと何かの新芽

b0108186_2354274.jpg



ショウジョウバカマ  これも春先に咲く花

b0108186_23545316.jpg


シラネアオイ      この溶岩は、男岳からゴロンゴロンと転げ落ちてきたものらしい。

b0108186_2356786.jpg



女岳斜面にムラサキヤシオツツジと花後のミネザクラ

b0108186_23562525.jpg



溶岩に根を張るエゾツツジ

b0108186_23563921.jpg


お弁当は・・・まだですか?   >「もう少し行った所でね~」

男岳1623mと女岳1512mとの間のU字谷を、
「まぁ~きれい☆彡」 「わぁ~きれい☆彡」 の感嘆詞と共に 御一行は元気よく登って行った。

エネルギー切れの一人を除いて。。。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-23 00:00 | 2010夏・秋田駒ケ岳

11:41、大焼砂と小岳の間の火口原に入ってきた。

ツリガネニンジンの花に似たハクサンシャジン

b0108186_23545885.jpg



ツルシキミ

b0108186_2355178.jpg



ハクサンチドリ

b0108186_23553824.jpg



木道に腰を下ろしてお花畑を目前にして昼弁当のグループもあった。

b0108186_23561813.jpg



イワカガミとチングルマの実

b0108186_23563397.jpg



雪解けが遅かったと思しき場所のチングルマは今が花盛り

b0108186_23565584.jpg



振り向けば~小岳東斜面はハイマツとチングルマに覆われて~

b0108186_23572029.jpg



ヒナザクラ

b0108186_23573761.jpg



木道は続くよどこまでも~

b0108186_235841.jpg



ミヤマカラマツ

b0108186_23581857.jpg



ムシトリスミレ

b0108186_23583139.jpg

スミレと名が付くけどタヌキモの仲間の食虫植物。
舌に似た内巻き状の葉で虫を捉えるんだそうな。 ・・・となると、あの葉っぱの上の茶色の点々は?!
あぁ、、、決定的瞬間を見ていない。。。┐(-。ー;)┌


イワハゼ

b0108186_23592778.jpg



エゾツツジ

b0108186_002865.jpg



小岳の北に回りこんで木道は続く。

陽が当たりにくい北斜面は早春の様相で、まるで山火事の跡みたいな雪解け後の地表に、目を凝らせば芽生えのようなものが点々と・・・

b0108186_0375566.jpg



12:00、駒池が見えて来た!

b0108186_0385645.jpg


正確無比なわたくしの腹時計も正午を告げた 「(´へ`;

でもこんな人通りのある木道ではお弁当にしないんだそうで。。。。。。
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-22 00:03 | 2010夏・秋田駒ケ岳

エゾハルゼミ


梅雨明け~~~\(^o^)/

兵庫と鳥取との県境の戸倉峠(891m)から赤谷山(1216m)に登った。

山頂から北方向の氷ノ山1464mを望む。

b0108186_2219957.jpg


道筋やらコースタイムの確認が目的の下見の登山。
コースは尾根筋。
西斜面は植林された杉林で、東斜面はブナ林が残されていた。

途中、「赤谷山まで50分」の標識のある場所に、大きな根上がりブナが立っていた。

b0108186_2219392.jpg

片方の根に若いブナを載せている。
下山時にその摩訶不思議に気付いて、なんでこんな姿になったんだろう?と頭をひねった。
夜になったらこの姿でのっしのっしと山中を歩き回りそうな・・・((o(>▽<)o))
謎はなんとなく解けたけど~(^^ゞ

ブナの大木の木肌に・・・クマの爪痕?!
まぁ・・・ここらはクマらのテリトリーだわな。。。(≧ω≦)

b0108186_22203364.jpg



キセルガイの仲間

b0108186_22204781.jpg



ブナの木肌につやつやのセミの抜け殻を見っけ!   あんな高い所に2個!

b0108186_22282243.jpg

頭よりちょっと高い所に・・・何個あるでしょう? ^m^

b0108186_2222634.jpg


時々吹き通る風のサワサワ~
ヒグラシの鳴き声
ウグイスの鳴き声
それとあまり馴染みのない鳴き声。
ハルゼミではないし、聴こえはカエルみたいでもあるし、・・・エゾハルゼミ?

わからないから、わかるかもしれないから、セミの抜け殻を持ち帰って調べてみた。

b0108186_22225312.jpg


触角が7節あるので、やはりエゾハルゼミだったようだ。

b0108186_222377.jpg


「ミョーキン,ミョーキン,ミョーキン,ミョーケケケケケケーーー」と鳴くと解説があって
そう言われれば・・・確かにそんな風に聴こえた。


おまけのコムラサキ(^^)

車の屋根をしきりにツンツン!

b0108186_22233771.jpg


おいしい予感がするんだけど~(^^ゞ

b0108186_22235023.jpg


まだ乾いていない雨滴を探してツンツン、ツンツン、・・・

b0108186_222486.jpg


某kumajirouさんに教えて貰ったとおりに、カメラを思い切ってグイッ!と突き出すと逃げられなかった。
食事に懸命だったのも勝因かも。(^-^)/
  
撮影機材:OLYMPUS μ-1030SW  (全てノーフラッシュ)
[PR]
by MatsuHimeji | 2010-07-19 22:29 | 虫たち

横岳山頂1583mから南方向を望む

b0108186_2252335.jpg


これから尾根(横長根)を南下して、大焼砂へ進み、西方向の火口原へ一気に200m下って、木道が通された馬場の小路へ。

マルバシモツケとジョウカイボンの仲間

b0108186_226695.jpg



ミヤマハンショウヅル

b0108186_2262550.jpg



ベニバナイチヤクソウ

b0108186_2265482.jpg



黒褐色の火山礫から成る大焼砂の斜面

b0108186_2271849.jpg



あの薄っすらピンクに色付いた辺りは・・・絶えず吹き渡る風に揺れるコマクサ群

b0108186_2273635.jpg



柵越しに眺めるコマクサ群

b0108186_228998.jpg


「この花が種を落とし、根付いて花を咲かせるにいたる確率は気が遠くなるほど僅かなものだと聞いた。
 しかも人間が側まで立ち入るとその重さで根が傷つき、枯らしてしまうという。
 両側にロープが張ってある。絶対にロープの外には出ないで欲しい。」
          ガイドブック、新、花の山 秋田駒ケ岳・乳頭山を歩く(田沢湖観光協会編)より

コマクサと花後に結実したタカネスミレ

b0108186_22111678.jpg


↑から2分と経たないうちに稜線からガスが下って来た。
気象変化が激しく、生物には過酷な環境だと体感した。

b0108186_2211368.jpg


少しガスが晴れてきた。

「ほかの植物が生育できない風も強い火山砂礫の地を選んでいるのは、この植物が生存競争に極めて弱いということではないか。
 日本最大の級の大群生地といわれる大焼砂では北からじわじわとオヤマソバやイワブクロやハイマツがコマクサの聖地に進出してきている。」
          ガイドブック、新、花の山 秋田駒ケ岳・乳頭山を歩く(田沢湖観光協会編)より

イワブクロとコマクサ

b0108186_2212626.jpg



大焼砂を下って火口原へ向かう別グループの列。 眼下の彼方に田沢湖。

b0108186_22134677.jpg



大焼砂を下って、小岳方向へ横切る。

b0108186_22141795.jpg


この先の火口原には、お花畑が広がる。
[PR]
by MatsuHimeji | 2010-07-19 22:15 | 2010夏・秋田駒ケ岳

キノコ いろいろ


7月15日、梅雨明け前の大雨や洪水などの警戒警報が出る中、
三階草の会7月例会で、丹波富士と呼ばれる高城山(459m)へGo!

幸いにも大した雨にも遭わず、
帽子を忘れても気にならない曇より加減で、
そこそこ心地よい風にも吹かれて、なかなかの山歩きだった。
お天気のせいもあってか、花や虫には出くわさず、樹木の花や実を楽しんだ。

光量が全然足りないし、
他にこれといった被写体がないから
コースターム記録のために、まぁなんとなく、仕方なく(?)、キノコを撮っていたが・・・
「Matsuさん、ここにもあるよ~!」と教えてもらえば、まぁ撮っとこか~になって・・・
気が付けば、写っていたのはキノコがほとんど!(爆)

で、せっかくだから、ブレブレだけど、キノコをご覧下さいませ~m(__)m


登山道の段々に並んで2種4本がにょっこり~(^^)

b0108186_17123483.jpg


でっかぁ~~~~! 感動も相まってブレブレ~~~ (*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ

b0108186_1714594.jpg



b0108186_17145534.jpg


おキツネさんでも出てきそうな・・・

b0108186_17151368.jpg


こんなのでよく立ってられるなぁ~(◎-◎;)!!

b0108186_17154289.jpg


これはなんとなく・・・お饅頭の模様みたいでおいしそう~♪

b0108186_17165062.jpg



山頂で本日のご褒美☆彡をGET!  ニホンアカガエル・・・ではなくて、タゴガエルだすです。謝~謝~(^-^)

b0108186_17184971.jpg



カワラタケの仲間☆彡

b0108186_17191816.jpg



カワラタケ、上から見下ろす

b0108186_17195225.jpg


下から見上げる

b0108186_17202072.jpg


ベニナギナタダケ

b0108186_17212815.jpg


フレアがおしゃれなキノコ

b0108186_1722067.jpg


これからもっと開くのかなぁ?

b0108186_17222736.jpg


ツルン、ピカ~ンのキノコ

b0108186_17224494.jpg


すっくと美しく伸びたキノコ

b0108186_1723287.jpg


絵本に出てくるみたいなキノコらしい姿のキノコ

b0108186_17242227.jpg



種名は? などとお尋ね下さいますな。
撮ってる時は、「これ、食べられるんかなぁ? 毒かなぁ?」
そればっか気にしてシャッター切ってました。ヾ(ーー )ォィ

もしご存知なら教えて下さい。
 
そうそう~たまたまですが、来週はキノコ観察会に行って来ます。(^O^)/

撮影機材:OLYMPUS μ-1030SW  (全てノーフラッシュ)
[PR]
by MatsuHImeji | 2010-07-16 17:26 | 7月の花