主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー

<   2012年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

六甲山を下る道すがらに

昨日、奇しくも紫陽花革命当日のこと、

神戸市立森林植物園にアジサイ見物にGO!

25種およそ350品種のアジサイを保存する「あじさい保存園」を見学させてもらえてラッキー!

美しく物珍しいアジサイの数々に「きっれぇ~~~☆」を連発しつつも

やはり惹き付けられるのは~ノリウツギに群がるハナムグリ (◎-◎;)!!

b0108186_22323794.jpg



で、戻り、森林植物園の東門から新神戸に下るトゥエンティクロスで見っけ!の生きものを~(^^)/

下山開始1時間ちょっとは、ほとんど生きものを見つけられなかった。(^^ゞ

(緑深い山道をどんどこ下るのに必死だった)

その後、やっとこせ~の アオジオウカイ  キンイロジョウカイ だそうです。m(__)m

b0108186_22341231.jpg



ナミマイマイ

b0108186_22342855.jpg



クチベニマイマイ(無帯)かなぁ?

b0108186_22344025.jpg



カワトンボの仲間

b0108186_2234558.jpg



アゲハモドキ

b0108186_2246364.jpg



ニホントカゲ、尻尾がまだ少し青味がかっている成体。

b0108186_22352049.jpg



五本松堰堤付近で、カワウ。

ゴミムシダマシの仲間  オオヒラタシデムシ だそうです。m(__)m

b0108186_22355332.jpg



下山開始から2時間15分で、やっと新神戸が見えたー! \(^o^)/

b0108186_22372170.jpg



程なく、布引の滝。(左に小首を傾げてご覧下さい)

b0108186_22373674.jpg



この日の下界は夏日くらいに暑かったそうだ。

滝の汗をかいての山下りは膝にきたけど、六甲の風はどこまでも涼やかだった。




撮影:OLYMPUS PEN Lite E-PL1 + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-30 22:42 | 虫たち

さぁ~てと、まずは~おさらい!

これが紛うことなきヒカゲチョウ~☆   で、良いんですよね?(爆)

b0108186_2137409.jpg



今日もため池界隈巡りでいろいろ出会ったが、ちょっと目新しいところで甲虫などを。


農道を歩いていて、ぱっと目に飛び込んだ☆~☆~☆~な甲虫! \(◎o◎)/!

b0108186_21402795.jpg



アカガネサルハムシ、 見た目通りには撮れていない。。。

b0108186_21423841.jpg

肉眼では紗がかかったようなロマンティックな感じに煌めいて見えていた。。。  

乱視が入ってるからだと思うけど (爆)


シオヤアブ♂に仕留められた不運なバラルリツツハムシ (-人-;)

でもきれいだなぁ~☆

b0108186_2145314.jpg



そうそう! 

アオメアブもスタンバッていた。

b0108186_21464515.jpg



アブたちの華麗なハンティングが見られる季節にもなってきた。

虫たちは、どうしてこんなにも機能的で美しい姿形をしているんだろう~惚れ惚れ~~~(*^_^*)
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-28 21:49 | 虫たち

んーーーー、惜しいっ!

桜の老木にクロヒカゲ2頭見っけ! 正しくは~ヒカゲチョウ  みなさま、ありがとう(^^)/

b0108186_23503015.jpg



う~ん、なかなかすっきりくっきりな美しい裏翅~☆

b0108186_23512756.jpg



となると、表翅を見てみたくなるのが人情。

ぉおっ! (¬o¬)----☆

ちょっと遠いけど広げてるっ!  

b0108186_2353851.jpg



まぁ~これ見よがしに広げてるっ!

んーーー、そんなに高いとこじゃ、、、、ノ_-;)ハア…

b0108186_235427100.jpg


唯でさえ暗がりを好むクロヒカゲ。 ヒカゲチョウなのさ~ほんとは(笑)

今シーズン中に、全開帳してるとこを背中から撮れたらいぃな~( ´△`)アァ-



久しぶりにみたムラサキシジミ♀

と! (¬o¬)----☆  射程距離までにじり寄ったクモ!

b0108186_23585188.jpg



んーーーー、惜しいっ!

b0108186_2359249.jpg


クモと同時に(?) そう声に出してしまった。(^^ゞ
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-26 00:00 | 虫たち

兵庫県の、どちらかと言えば~やや日本海側寄りの生野の奥の

日本ハンザキ研究所のオオサンショウウオ保護施設(かつての学校のプール)の奥に・・・

b0108186_23571460.jpg



奥が元足洗い場で、手前が元目洗い場で、それを隔てるコンクリート壁の上に置かれた板の下に

b0108186_235776.jpg


(¬o¬)----☆  白い卵塊が!

b0108186_23581415.jpg



目洗い場の下辺りに無造作に置かれた塩ビ管の隙間に~(¬o¬)----☆

4個の卵塊

b0108186_2357587.jpg



一番右側にある卵塊は形を失ってドロドロ状態で、その中でオタマジャクシがくねっていた。

b0108186_2358592.jpg



塩ビ管を右側から覗き込むと~管の奥にも卵塊が見えた。

b0108186_23583488.jpg

溶け出した卵塊の残りなのか? 別に産み付けられていた卵塊なのか? 不明。


立て掛けられていた塩ビ管の中にも~(¬o¬)----☆

b0108186_23594042.jpg



後ろの足洗い場では、コンクリート壁に産み付けられ、

こちら側では、塩ビ管に産み付けられ、しかしオオサンショウウオのいるプールには皆無。

以上、6月16日のレポ。



↑から丁度1週間後の本日6月23日、さて、あの卵塊たちはどうなったのかな?



(◎-◎;)!!





コンクリートと板との間にお供え餅みたいに産み付けられた卵塊は、中身が空っぽ!

b0108186_0135.jpg



中身が流れ着く先は多分この目洗い場。

b0108186_01219.jpg



昨年までは排水できずに常時水溜りになっていた。

それがどうしたことか、今年になって少しずつ水位が下がって、ついには水が溜まらなくなったそうで・・・

b0108186_015762.jpg

(-∧-)合掌・・・


塩ビ管の方では、溶解した卵塊の中でオタマジャクシがうごめいていた。

b0108186_031729.jpg



台風に続く大雨で水が入り込んだのか、塩ビ管の中で泳ぐオタマジャクシ

b0108186_033664.jpg




再掲になるが、ものすごく興味を惹かれたのがこの卵塊の様子。

b0108186_035752.jpg


卵塊の外側を指で押してみた。

指に粘液のようなものが付くことはなかった。

もっちりしていて弾力があり、産んで間がない卵塊の感触と似ていた。

ここは雨が直には降りかからないので、中身が溶け出したのは幼生の仕業だと合点がいった。


『街・発信』 2012年6月号 「はりま水の歳時記」より、一部抜粋   市川憲平(姫路市立水族館館長)

泡状の卵塊は、雨がかかっても溶けることはありませんが、ふ化が近づくと、幼生の出した酵素により溶けて流れ始めます。300匹から800匹のオタマジャクシが、溶けた泡とともに池の中に流れて行きます。  




なんてうまくできてるんだろう~w( ̄o ̄)w
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-24 00:08 | 蛙たち

雨上がる~(^O^)/

よく降りました。

やっと晴れました。

近所のため池に GO!


アマガエル♪ on サルトリイバラ、 痛くないのかなぁ?

b0108186_23241016.jpg



クサガメ♀ やっっっと甲羅干し~♪

b0108186_23254989.jpg



トノサマバッタ・・・かな?  かなりでっかく育ってきたね~♪

b0108186_23263276.jpg



マメコガネ ばんざぁ~い♪

b0108186_2327339.jpg



ルリタテハ  やっぱ晴れてもらわにゃね~♪

b0108186_2328032.jpg



マユタテアカネ♀ いよいよシーズン到来♪

b0108186_23283413.jpg


台風一過、皆さまの地方はご無事でしたでしょうか?
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-22 23:30

葉上の攻防戦



近所のため池に浮かぶ、多分、ガガブタと思われる葉っぱの上に・・・ (¬o¬)----☆

クロイトトンボの連結ペアと、隙あらば~!と狙うクロイトトンボ♂。

b0108186_23501351.jpg

 ↑ で飛んでいるのはセスジイトトンボ♂


別の葉っぱの上で静止するクロイトトンボ♂

b0108186_23513454.jpg


↑ は、イトトンボを狙って撮ったのではない。

実際は、葉っぱの周りにたむろする稚魚に目を凝らしていた。

水面反射で見え辛らいけど、これはオオクチバスの稚魚だろうか?

用心深い稚魚が水面近くに浮上してきて、まったりしている光景に釘付けになった。


次の瞬間、何が起こったのか?!

b0108186_23581487.jpg


アメンボが2頭出現し、クロイトトンボ♂はピンを外れてホバリング。

アメンボが追いかけっこしての騒ぎなのか?

アメンボに狙われたクロイトトンボが身をかわしての騒ぎなのか?

そして、稚魚が葉っぱを啄んでいるような・・・?


稚魚もイトトンボを狙うのかなぁ?
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-22 00:01 | トンボ
2012.06.16(土) ハンザキ研究所に向う途中の道路を走行中に

カメとしか見えない物体が道の真ん中で固まっているのを見っけ! 

で急ブレーキッ!キッ!キィーッ!

♪ こんな~ ことは~ 今までもあった~よな~  http://himeji55.exblog.jp/16589540/


ザーザー雨の中、どー見てもニホンイシガメ・・・

b0108186_23344571.jpg



あぁ~どれどれ~♪ 

b0108186_2335182.jpg



b0108186_23351920.jpg



b0108186_23352383.jpg


♂、5歳ぐらい、健康そう、見た目より重い。

さぁ~て、どこに放そうか?

道路端にはU字溝があって、そこに落ちたら這い出すのも大変そう。

溝伝いに歩いて、うまくどこかに這い上がれればいいけど、途中の貯枡に落ちても・・・ と案じられた。

奇しくもこの左手には小さなお池があって、毎年ここでモリアオガエルの卵塊を数えたりしていた。

イシガメと共に、じゃあ様子見してみよう~(^^♪

パッと見だけで5個の卵塊見っけ!

b0108186_23445089.jpg



下のお池には (¬o¬)----☆  案の定、アカハライモリが・・・この範囲内で6頭見っけ!

b0108186_23455186.jpg

きっと孵化して落下してくるモリアオガエルのオタマジャクシを大口あけて待っているんだろうな~。

マムシとかもいそうな雰囲気。。。(>_<)

長居は無用!  

イシガメをお池の傍に下ろした。

ツツツツ・・・と滑ってポッチャン!

別れ際の姿を撮っておこうとカメラを向けたら、なんとその背景にも卵塊が!

b0108186_23502744.jpg



イシガメくん、どうかロードキルだけには遭わないでね~(-人-;)
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-18 23:51 | カメとその親戚(?)

ヤマセミ


雨がザーザー降りしきる中、

生野の奥の 日本ハンザキ研究所 で開かれた 『植物観察会と標本作成講習会』 に参加してきた。

講師の前田先生による兵庫の山々の植生についての解説や画像は、どれも馴染みのあるものばかりで

「そーだったのか~。そーゆーことだったのか~。」と今更ながらにあの山この山の謎が氷解していく思いがした。

それはそれで大収穫だったが、その最中・・・

なんともケタタマシイ鳥の声が屋外を縦横に行き交っているのが気になっていた。

「ヤマセミの恋の季節で騒がしいんですよ。」

と耳打ちされて、ますます落ち着かなくなった。(ノ_-;)


昼休み中、建物の中からガラス越しにGET!

ヤマセミ♂、♀の追っかけ中、小休止。

b0108186_22314561.jpg



b0108186_2233576.jpg



b0108186_22332317.jpg



ヤマセミ♀、 ♂と代わりばんこに登場。

b0108186_223410100.jpg



b0108186_22342075.jpg



b0108186_22343065.jpg



カワセミが止まるポイントは、↓の桜の古木から ↑の桜の大木へとルートが決まっていた。

嘴を閉じていると上嘴の欠けが目立つ♂

b0108186_22383057.jpg



嘴を動かしていると欠けは目立たない。

b0108186_22393297.jpg



栃本所長が仕掛けた無人撮影カメラには、

ベランダの手すりに止まって不思議そうにレンズを窺っているヤマセミの姿がバッチリ写っていた。(*^^)v

今年は繁殖が大いに期待される。(^^♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-16 22:57 |


田植えが始まったが、まだそれ程水位が下がっていない近所のため池で。

流木の枝先っぽ(黄色の矢印)が、コシアキトンボ♂の見張り台。

b0108186_16225624.jpg



スクランブル発進からご帰還で、着地態勢。

b0108186_16251869.jpg



着艦!  「ふぅ~一仕事済んだぜ~」

b0108186_16253254.jpg



一休みする間もなく、また領空侵犯する♂を見つけて緊急発進!

b0108186_16275727.jpg



不埒モノにピタッと張り付いて、ホバリングするみたいに牽制し合う♂2頭。

b0108186_1629419.jpg



しばし睨み合っていたが、少し高度を上げたところでまた睨み合い。

b0108186_16325258.jpg



侵入者がふいっと高度を上げて逃げた?・・・・

b0108186_16334484.jpg



かと思ったが、また少し高度を上げたところで追いついて再び牽制中。

b0108186_16345378.jpg



更に高度を上げて牽制。

b0108186_16354961.jpg



ついには牽制をやめて目にもとまらぬ速さで追いかけっこして・・・   (?_?)  姿を見失う。



どこまで追いかけて行ったのかなぁ?

うまく追い出しに成功したのかなぁ?

まぁ追っ払ったら戻ってくるだろうから・・・・ と、元の見張り台に置きピンして待っていたら

ご帰還~着地体勢。

b0108186_1642579.jpg



着艦! 「ほんまに懲りんやっちゃのぉ~ ふぅ~」

b0108186_16442216.jpg



コシアキトンボ♂の牽制の仕方は、一気に侵入者を追っ払うのではなくて、

牽制しながら高度を上げて仕切り直しをし、また牽制しながら更に少し高度を上げ、・・・

この位置変えを3~4回してから満を持して勝負をかけて追っ払っていた。



ん?

このコシアキトンボ♂は先住の♂だと思っていたけど、

ひょっとして追っ払われていた侵入者が縄張り争いに勝って、

ここを奪った可能性も無きにしも非ず、、、かも。(?_?)
[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-15 16:55 | トンボ


思うところがあって、今季はモリアオガエルの卵塊の画像を撮り集めている。

池の上にせり出した樹の枝で産卵するモリアオガエルの姿とか、その樹上の卵塊とか・・・

お約束の風物詩のようにメディアでは伝えられているけれど、

実際に目にする卵塊は、所変われば様子が変わるで、大方がそんな絵になる構図の中にはない。

メディアの志向や刷り込まれた先入観にかなり目を曇らされている自分。

ほんとのとこはどうなんだろう?

それで事例をたくさん集めて、同じ♀としてモリアオガエルの母心に思いを馳せる。




5月下旬にも見た場所で。

一番多く産み付けられている場所は、池の縁の草むらの中。

b0108186_21285991.jpg


同じ場所に三つも四つも くっ付くようにして産み重ねられているポイントもある。

広い場所なのに、水辺ならどこでもいいという訳ではないらしい。


水路の上に枝がせり出すように植林された場所で、

木や草ではなくてコンクリート護岸壁に産み付けられた卵塊。

b0108186_21343972.jpg



川の上に張り出した枝に~ w( ̄o ̄)w

b0108186_21352110.jpg

こんな絵になる場所に産んでるのをこの場所で観たのはお初だった。


人通りのあるコンクリート水槽で見っけ!

b0108186_21375812.jpg



そぉいやぁ~去年もここらでコンクリに産み付けてたペアが居たねぇ。

ここで♂が来るのを待っているのかなぁ?

b0108186_2139586.jpg



陽が傾いてきて、モリアオガエルの♂のラブコールが響き渡り始めた。

あの♀はちゃんと巡り会えたかな?



おまけ:タガメの卵塊も見っけ!  でも守っているはずの♂の姿が見当たらなかった。

b0108186_2142931.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2012-06-14 21:47 | 蛙たち