主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji
カレンダー

<   2013年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧


洞窟見物も一興、ここにいてバードウォッチングもまた楽し~♪
b0108186_11462791.jpg


そしてアカエリ出現に期待する虫班員は・・・

手持無沙汰もあって、そこらで虫探し、あるいは気持ちの良い日陰のベンチで昼寝。


ハムシの仲間
b0108186_11474524.jpg



ゴキブリの仲間?
b0108186_1147440.jpg



ハエの仲間
b0108186_1148345.jpg



Copera marginipes ♂
b0108186_11472642.jpg



ハナダカトンボの仲間 Rhinocypha perforata perforata ♂
b0108186_11482590.jpg



Vestalis amethystina ♂
b0108186_11475029.jpg



コフキショウジョウトンボ♂ Orthetrum pruinosum neglectum  若いのと熟年か?
b0108186_1212026.jpg



ボルネオコビトリス
b0108186_1212443.jpg



暗がりの中の花・・・
b0108186_1214979.jpg


うーん、見た目とは別物、やっぱ色目がおかしい。。。(ノ_-;)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-31 12:04 | ボルネオ観察会2013

雨にぬれても♪

梅雨入りして時々雨が降る日和だったが、

探し物をしに兵庫県の真ん中辺りにある神社さんにGO!


b0108186_11375840.jpg

氏子さんらがこの界隈で山野草などを丹精込めて育てておられて、それを愛でる訪問者が時々あるようだ。


野鳥やカエるの声は響き渡っているけど、この時期見られるはずの生きものの姿が見られず

ちょっと離れた林道や畑地を捜索することになった。


カワトンボの仲間
b0108186_11384380.jpg



ヤマかサトかよく分からない・・・キマダラヒカゲ
b0108186_11383992.jpg
 

梅の実が大きくなりつつある枝から吊下げられたペットボトル、 (¬o¬)----☆
b0108186_11403353.jpg

虫が入るように一部カッティングされ、ボトルの底の液体に虫の死骸が・・・

甘いのかな?  それでチョウもご執心なのかな?


林道を引き返す時に見っけ!
b0108186_11413967.jpg



追っかけしたらフリーズ! サワガニ♂
b0108186_11425246.jpg

視線を逸らしたらその隙に一気に逃げるつもりかな?

(◎-◎;)!!
b0108186_11423842.jpg

威嚇された。。。


ずっとそのままの格好で頑張られるのも辛いので、こちらが退散した。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-31 11:43 | 甲殻類・魚類
ムル公園から戻り、宿舎のロビーでランチボックスを受け取った。

これが開けてゲッソリの鶏の唐揚げ、焼き飯、ゆで卵、などなど、、、、、

虫班の班長を始めとする♂三名は、早々に蓋を閉じ、休息のためにコテージへ。

「虫班の女性陣はみんな元気だねぇ~、すごいよ~参ったよ~。」   

えっ?そうなの?・・・普通だと思うけど。(^^)


午後1時半、宿舎前のメリナウ川をロングボートで遡って、クリアウォーター・ケイブへGO!

このボート、身の幅ぐらいしかないのにヒュ~ンと長さがあり、見た目が笹舟。

乗り込む時、船頭さんが一人一人に座席を指定した。

「あなたはちょっと待ってて、そこの人、ここに座って! そこには・・・そっちの二人!」

バランスをとるために、体型・体重・身長など瞬時に値踏みされたみたい。(^^ゞ

客側も乗り移るのに相当なバランス技と肝っ玉とを要した。

救命胴衣は必須! できればあと二つくらい欲しいかも~。(>_<)
b0108186_20394972.jpg



途中に見えた集落、先住民プナンの村かな?
b0108186_20403917.jpg



石灰岩質の岩の絶壁をすり抜ける。
b0108186_20403268.jpg

川底の石にゴリゴリ、ズズズズズゥゥゥゥ~~~ した時には生きた心地がしなかった。

30分ほどでクリアウォーター洞窟の入り口の船着き場に着いた。
b0108186_20411131.jpg


洞窟から流れ出した透明度の高い水は、ここから川になって流れ下っていく。


以前ここのトイレ付近でアカエリトリバネアゲハの集団吸水が見られたそうだが、・・・

期待しながら少し先の休息&観察デッキでチョウを待った。


①赤い花 ヒギリ で吸蜜するアカエリトリバネアゲハ     
b0108186_20414213.jpg



b0108186_20422360.jpg



②ナガサキアゲハ・・・かなぁ? 後翅がぼろぼろで・・・?
b0108186_2042426.jpg



デッキ下に続く湿地で

③ムモンキチョウとキチョウの仲間
b0108186_20424712.jpg



④ウラナミシジミの仲間  プラルリウラナミシジミ
b0108186_20425825.jpg



⑤ディルテアオオイイナズマ♂
b0108186_20433742.jpg



⑥キンミスジの仲間  パラカキンミスジ
b0108186_20432339.jpg



⑦サテリタテナミヒョウモン
b0108186_2044182.jpg



⑧マクタシマジャノメ  百戦錬磨の翅
b0108186_20453696.jpg



⑨インスラリスウラギンシジミ♀ ?
b0108186_2046728.jpg



b0108186_2045196.jpg




クリアウォーター洞窟の見学をパスしてアカエリの集団吸水に賭けたが、

本日はその日和ではなかったらしく、まぁそんなこともあるだろう、仕方ない。

午前中にあの1頭と真剣勝負しておいて良かった。

昆虫との出会いは一期一会。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-29 20:51 | ボルネオ観察会2013
一昨日、姫路市伊勢自然の里・環境学習センターで開催された、『春のトンボ調査にチャレンジ!』で


「羽化したてのシオカラトンボ! まだヤゴの殻を付けてるよ!!」

あぁ~どれどれ~と見せてもらった時には殻が外れていたが、記念写真撮ろうね~と手のひらに乗せて~
b0108186_1734667.jpg



カメラを捕虫網に持ち替えて、おばさんもトンボ採りに参戦したが、

川の中のアシに止まっているトンボには網も届かない。

そんな時、天下の宝刀を持ち出して~カシャッ! と捕獲。(*^^)v


フタスジサナエ♂
b0108186_1739936.jpg



b0108186_17385810.jpg


モノサシトンボ♂
b0108186_17394895.jpg


グンバイトンボ♂  今季、初確認(^O^)/
b0108186_17404243.jpg


クモの網につかまって無念なニホンカワトンボ♂、 クモ的には「やったぜ~(*^^)v 」なんだけどね。
b0108186_17415032.jpg



小一時間ほど網を振り回して、老いも若きも、父さんも母さんも、お姉さんも弟も、・・・汗だくで撤収。

トンボの種を資料や図鑑と首っ引きで調べ、トンボ博士(お師匠さま)にも教えてもらって、結果発表。
b0108186_17464485.jpg

ふぅ~ん、去年よりも3種多く、数もたくさん ( ..)φメモメモ


cf.
b0108186_1845634.jpg



観察会終了後、トンボたちはリリース。 

元気でね~~~(@^^)/~~~

今年もトンボとの出会いがいっぱいありますように!  特にアキアカネ~~~~\(^o^)/
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-28 17:54 | トンボ

昨日ビワハゴロモとモリドラゴンが居た木を一番にチェック!

期待通り!(^O^)/  これは間違いなくビワハゴロモの御神木~(^人^)
b0108186_22435369.jpg

遊歩道を進んで、御神木かも~かも~の木を片っ端から捜索したがみつけられなかった。(ー。ー)

Tyriobapta torrida ♀
b0108186_2243584.jpg


見上げる空
b0108186_22444297.jpg



この樹木の陰で、ちょっと目つきが怪しいトカゲ、逃げ足がメチャ速かった。
b0108186_2244535.jpg



日向ぼっこ中のマブヤトカゲ ?
b0108186_2245264.jpg



宿舎の空中回廊でも見た赤いレッグウォーマーのバッタの仲間とそっくり。
b0108186_2245527.jpg



フチドリベッコウトンボ♂
b0108186_22461414.jpg


b0108186_22464898.jpg



柄の長い葉っぱの先が丸められていて、オトシブミの仕業かな?
b0108186_22462638.jpg


その木の葉影で  w( ̄o ̄)w~ 葉っぱの長い柄と見分けが付きにくい。 
b0108186_22505824.jpg


交尾中のナナフシ、 15cmの物差しを宛がうと、後肢の付け根から腹の先までが15cmぐらい。
b0108186_2251211.jpg


ナナフシの♂
b0108186_22513990.jpg


ナナフシの♀
b0108186_22515579.jpg


垂れ下がったところをA班員の手と比べた。
b0108186_22521390.jpg



ビワモドキの仲間
b0108186_22522743.jpg


何かを新築中の資材置き場、 この先でアカエリトリバネアゲハと出会った。
b0108186_2252507.jpg


ハンミョウの仲間
b0108186_2253281.jpg



3時間目一杯観察~( ´△`)~草臥れたけど大満足。

12:15、公園を後にして、宿舎に戻る。
b0108186_22545328.jpg


もちろんピックアップトラックの荷台から(^^♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-27 22:54 | ボルネオ観察会2013
日本ハンザキ研究所の観察池にて


ハン研名物(?)逆さに立て掛けた竹箒にモリアオガエルが卵を産み付けたものを

観察池に持ってきて吊り下げ、孵化や池デビューの様子を間近に見ようという設え。
b0108186_21545684.jpg


水際の草の中に産み付けられた卵塊も見っけ!
b0108186_21551376.jpg


その池の中を悠々と泳ぐアカハライモリ・・・オタマジャクシが落ちてくるのを心待ちにしているんだろう。 (>_<)
b0108186_21552986.jpg


奥の植込みの木々の中に、♀のお出ましを待ち侘びる♂がいないかな~?と一歩踏み込んだら

ポッチャン!ポチャ!ポチャ!ポッチャン!ドップン!・・・

土色のカエルたちが一瞬にして池に跳び込んだ。

何もいないと目視で確認したつもりなのに、草むらや淵に居たらしい。 ・・・抜かった。。。

更に歩を進めて、・・・?・・・(¬o¬)----☆  全く動じない大物が1頭。

ツチガエル
b0108186_2156235.jpg



池の縁に貼り付くモリアオガエル♂  そこで♀を待っているの?
b0108186_21565927.jpg


移動し始めた。

置き石の上まで登り・・・
b0108186_2157347.jpg


上がった直ぐにあった棒(定点観察用のカメラの三脚)にピョ~ン、ペタッ!
b0108186_2159474.jpg


そこで落ち着かず、更に登る。
b0108186_21591831.jpg


天辺の雲台まで着いて、さて、どうする?
b0108186_21593311.jpg


ジャンプ!  下がった枝先に しがみつく!
b0108186_2201868.jpg

まぁそこなら人の目は誤魔化せるだろう。

ひょっとしたら宵闇に紛れてやって来る♀に出会えるかもしれない。(^^)


夕方、もう一度、観察池に立ち寄ってみたら、 (¬o¬)----☆
b0108186_221956.jpg

池の縁や、その向こうの湿地の草むらは、例年、人気(蛙気?)の産卵ポイント。


モリアオガエル♂  (昼間みた個体とは別かどうかは不明)
b0108186_2212612.jpg



大きなお腹を抱えた♀がやって来たら、一番乗りできたらいいね~d(-_^)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-27 22:04 | 蛙たち

お知らせ


しばらくは、この「お知らせ」がブログのトップに来るように設定致します。


26日(日)午後6時から、TBS系(関西ではMBS系毎日放送)テレビ番組「THE 世界遺産」で、

マレーシア・グヌンムル国立公園が放映されます。

ボルネオや西表島の研究の第一人者、安間繁樹先生が全面的な監修をされています。

洞穴内の生きものも登場するそうなので、どうぞお楽しみに!




ボルネオ産カグラコウモリでは最大になる「ハチマキカグラコウモリ」
b0108186_10192634.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-26 18:00 | ボルネオ観察会2013

「ちょっとあっちに行ってみます。」と独り未踏の細道に消えた蝶屋のAさん。

なかなか引き返して来ないので、私もちょっと ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ

コンクリート舗装道の暗がりで、・・・ロケーションが悪いなぁ~とは思ったけれど、ここがいいらしい。

黒っぽく染み込んだ地面で吸水中。
b0108186_0234597.jpg



b0108186_024486.jpg



ちょっと近寄ると、ふわぁ~っと舞い上がって高みに静止。  かなり敏感。
b0108186_0241651.jpg


そこらをふわ~ん、ふわ~んと周回して、もう行っちゃったのかなぁ?と思ったらまた同じ所で吸水。

その繰り返し。

せめて日当たりで吸水してくれないかとじれながら待つこと30分。

太陽の方が高度を上げて日陰をずらしてくれた。
b0108186_0264759.jpg



b0108186_027506.jpg



b0108186_0271227.jpg



b0108186_0281499.jpg



b0108186_027313.jpg


背景が煩わしくないのはこの1枚だけ。(ノ_-;)ハア…
b0108186_0284168.jpg



日なたに出たところを連写しまくったけど、下手な鉄砲はやっぱ下手。(爆)

どうにか目にピンが来てたのは片手に余るほどだった。。。 (..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ

b0108186_0295339.jpg



b0108186_03042.jpg



b0108186_0302431.jpg



b0108186_8432814.jpg



午後の観察会ではアカエリの集団吸水が見られるだろうとは聞いていたけど、

このアカエリトリバネアゲハには1時間みっちり付き合ってしまった(いただいた)。

ありがとう!(-人-;)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-26 00:32 | ボルネオ観察会2013

アナグマ



今日、「オートキャンプ場の手前で、穴からアナグマがひょっこり姿を出してるのを見た!」と聞いた。

タリラリラァ~ン♪と国道429号線を快調に飛ばして戻る途中、その話を思い出して、

カーブの手前でちょっとスピードダウンして、「ここら辺りに居たのかなぁ?」と何気に見渡したら、

(◎-◎;)!! 

なんじゃあれ?!?
b0108186_23513988.jpg



公衆トイレの周囲の草地を、顔も上げず一心にクンクン掘り掘りする仕草で・・・
b0108186_23512891.jpg



こそぉ~っと降りて建物の陰から窺うが、顔が草に隠れて見えない。
b0108186_2352196.jpg



地面に鼻先をくっ付けているらしく・・・
b0108186_23522268.jpg

顔を上げた瞬間、目が合った!

即、元来た方に逃げられた。

もう逃げ切ってるだろな、と思いつつ車に戻って行ったら・・・(◎-◎;)!!  

お互いフリーズ!!!
b0108186_235418100.jpg

随分と長い間に感じられ、あれがムジナの死んだ振りというのかなぁ?


(◎-◎;)!!

こっちに向かって来る!
b0108186_2355383.jpg



敷石の2枚目と3枚目との継ぎ目の上に前足をにお行儀良く揃えて、

右や左や斜め下や前方に顔を突き出して・・・なにしてる?
b0108186_23564655.jpg



こっちを じぃーーーっと値踏み中。
b0108186_23564214.jpg



一歩近づこうとしたら・・・
b0108186_23572780.jpg


溝を通路にして身をくらました。

ふぅ~、えぇもんを見た~~~(^^♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-25 23:58 | 哺乳類(^^)
9:01、メリナウ川に架かる吊り橋を渡って公園管理事務所へ向かう。
b0108186_20293649.jpg


12時に事務所前で落ち合うことにして自由観察開始。

見たチョウを時系列にUP!


①クロタテハモドキ
b0108186_20293165.jpg



②キラタヒメワモン
b0108186_20295664.jpg



③ミスジチョウの仲間   イリラミスジ(Nepits ilira)
b0108186_20295221.jpg



④チャイロイチモンジ
b0108186_20302042.jpg



⑤ファリゲマダラキララシジミの交尾
b0108186_20303516.jpg

↑の表翅が見える飛翔写真は、小諸日記の2013年04月19日にUP!されています。(◎-◎;)!!


⑥マダラチョウの仲間  ツマムラサキマダラ♂
b0108186_2033349.jpg



⑦ウラナミシロチョウ
b0108186_20324227.jpg



⑧ウラナミシジミの仲間  オナシウラナミシジミ(エモルスニセキララシジミ)
アカエリ撮影の持久戦で、暑さと湿気でへばってしまい、カメラを三脚に乗せて一息入れていた時、

シジミチョウたちが機材に集った。   汗がべたべた付いていたのかもしれない。
b0108186_20342127.jpg


手の汗を吸水中、指乗せチョウ(^^♪
b0108186_20332556.jpg



⑨飛び立つトラフタテハ、  臨場感あふれて削除しがたいお気に入りの1枚~☆ (笑)
b0108186_20351144.jpg



⑩アカエリトリバネアゲハ  ⑪ムモンキチョウ  ⑫ヤクシマルリシジミに似てるシジミチョウの仲間 
b0108186_20353487.jpg



b0108186_20355473.jpg



b0108186_2036155.jpg



アカエリトリバネアゲハとは、ここで1時間格闘した。(ー。ー)フゥ~

(31)に続く。m(__)m
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-05-24 20:39 | ボルネオ観察会2013