主婦は見た!          自然観察大好き♪


by MatsuHimeji

<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧



チョウ狙いという訳ではなく、実はアオイトトンボのペアを探していて見っけ!のチョウたち。


イチモンジセセリ、 カマバエみたいな恰好が目に止まった。
b0108186_22311233.jpg



キマダラセセリ、  戦闘機みたい♪
b0108186_2231471.jpg



ツバメシジミ♂、 見た目はもっと青が濃かったと思ったが・・・
b0108186_22323853.jpg



ツバメシジミ♀、 地味な黒色かと思ってたけど、深い海老色にも見えた。 これはオベリスク姿勢?ヾ(ーー )ォィ
b0108186_22343876.jpg



ウラナミシジミ、 今季お初・・・だと思う。
b0108186_22354722.jpg



ヒメジャノメ
b0108186_22363311.jpg



ヒカゲチョウ、 多数に遭遇した。
b0108186_22414539.jpg



b0108186_22415585.jpg



b0108186_22391364.jpg



b0108186_22374346.jpg


そろそろ秋のタテハチョウに逢いたいな~( ´△`)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-30 22:43 | 虫たち | Comments(2)

昨日の今日、明るい日差しがあるうちに東のため池へGO!  グォッホ、グォッホ (>_<)

2時半頃、上のため池を覗いて~w( ̄o ̄)w

排水が進まず、中央に水が寄って溜まっていた。底樋が閉じられているようだ。
b0108186_210423.jpg



池底のカメの歩行跡のフィールドサインとカニ
b0108186_2105827.jpg



干乾びる魚たち、前日よりも数が随分と減っていた。 誰が食べたんだろ?
b0108186_2115122.jpg



泥止めの囲いに上がって甲羅干しするアカミミガメの幼体たち。
b0108186_212498.jpg



全部で12頭カウントしたが、成体の姿は見られず、みんな幼体ばかり。
b0108186_2123177.jpg



アカミミガメたちが★になったバスを食べていた。
b0108186_2124696.jpg


池底を丹念に見回しても、他にカメは見つけられなかった。


アオサギの若鳥
b0108186_213877.jpg



セグロセキレイ、 ペアで来て池底をツンツンしていた。
b0108186_2133530.jpg



ハシブトガラス、 後で★魚を咥えて鎮守の森の方へ飛び立った。
b0108186_2135270.jpg



キセキレイ、 これもペアで来てツンツンしていた。
b0108186_21132837.jpg



池底のアオサギに感付かれないように草に隠れて歩を進めていたら、

林で一番高い樹のてっぺんにアオサギ成体を見っけ!
b0108186_217364.jpg

えぇ~~~、挙動不審の一部始終をあそこから見られていたのか?!

「ニンゲンにウロウロされんじゃ~★魚のゴチにもありつけねぇーよ!」ってなもんかな。


アゲハチョウが集団でやってきて吸水するとか、トンボが産卵に来るとか、・・・

そんな事はなにも起らなかった。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-28 21:16 | | Comments(4)

グォッホグォッホ風邪でエライ目でも飯炊きオバン業はせにゃならず、よたよた北のマーケットへGO!

向かい風(北風)が滅法強くて、坂道を上がる感じでママチャリを漕ぐ。( ´△`)アァ-

しかしここまで来たら、どんだけしんどくても、やっぱちょっとだけでも寄ってみようか~(^^ゞ


4時半頃、上のため池を覗いて~w( ̄o ̄)w

まぁ~なんということでしょ~~~  水が抜かれてる!
b0108186_2346326.jpg



ため池から水を抜く底樋(そこひ)が、泥で埋まらないように施された泥止めの四角い囲み。
b0108186_23462595.jpg

ふぅ~ん、こんなふうになっていたのか~ φ(..)メモメモ

底樋は下段のため池に通じているが、水が溜まっているところを見ると、どうやら閉じられているらしい。

因みに、下段のため池は、やや水位が下がっていてるが、池干しされてはいなかった。
b0108186_23464882.jpg



泥止めの囲いの中の水溜りに浮上しているアカミミガメの幼体見っけ!
b0108186_2347112.jpg



囲いの外の泥水を歩くアカミミガメ
b0108186_23474523.jpg



囲いに流れ込む水路をたどって歩くクサガメ♂
b0108186_2348037.jpg



クサガメ♂の泥中歩行の跡、 真ん中の筋は尻尾が通った跡。
b0108186_23481589.jpg



別のクサガメ♀が堤体に向けて上陸しようとしていた。
b0108186_23482890.jpg

さっきまで泥の中に避難していたんだろうか?

頭も甲羅もずっしり泥を被って、これがホントの泥亀だね~(◎-◎;)!!


元の水際近くに★になったオオクチバスが・・・
b0108186_23485845.jpg

外来魚の駆除には池干しが効果的。

もっといろいろ観察したかったけど、光が足りなくなったし、北風が更に冷たくなったし、ゼェーゼェーが止まらなくなったし

本日はこれまで!




自転車に戻って、さぁマーケットへ急ごうとしたら、後ろ籠に客人が!
b0108186_23501553.jpg


折角だけどハラビロカマキリ♀には丁重にお逃げいただいた。

(ノ_-;)ハア… もったいな・・・
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-27 23:50 | カメとその親戚(?) | Comments(2)

アオイトトンボ


西のため池で


                   アオイトトンボ♂  成熟すると複眼は青色~☆
b0108186_2356100.jpg


                   アオイトトンボ♀  成熟しても複眼は青くならずに灰色。体色も地味目。
b0108186_2345487.jpg


  の雌雄は20cmぐらい離れて向き合っていた。
b0108186_23133032.jpg

何事か起きやしないかと~シャッター半押しでスタンバッテいたけど・・・

期待するよな展開にはならなかった。。。



b0108186_23201525.jpg



成熟すると、♂みたいに胸に白粉を生じる♀もいて、この♂型の♀は複眼も青色~☆
b0108186_23233662.jpg



撮り慣れてくるとちょっと大胆になって~(^^ゞ

地べたにしゃがみ込んで、見上げる角度45度ぐらいで接写!(^O^)/


b0108186_2326147.jpg



b0108186_23262880.jpg



ついでながら

人を人とも思わず、靴先を乗り越えようと迫り来るショウリョウバッタ♀
b0108186_23305718.jpg


皆が皆、こんなにフレンドリーだったらいいのにな~( ´△`)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-24 23:32 | トンボ | Comments(2)
西のため池に出向いたついでに、件の田んぼへGO!

まぁ~なんということでしょ~♪
b0108186_2258215.jpg


午後4時を回って、辺り一面からコオロギの鳴き声がするけれど・・・

見渡す限り・・・ (¬o¬)----☆ なぁーんも居ない。。。

と思いきや、見っけぇーーー!
b0108186_22583822.jpg



この里地でちょくちょく見かける野良猫が畔道に佇んで・・・何してる?
b0108186_22585281.jpg


しばらくして、上段の古墳方向へ低空で群れ飛ぶムクドリ目がけて野良ジャンプ!

両前肢で空を掻いたけど狩りは失敗に終わった。。。
b0108186_22595337.jpg



ふっ! まぁこんなこともあるさ~
b0108186_230249.jpg



キアゲハ
b0108186_230319.jpg



ナミアゲハ
b0108186_2304018.jpg



イチモンジセセリ  ヒガンバナにセセリチョウは初見かも。
b0108186_231845.jpg



落穂の中にハネナガイナゴ
b0108186_2312026.jpg



稲の切り株によれよれのシオカラトンボ♀
b0108186_2314043.jpg



アオモンイトトンボ♂
b0108186_2315081.jpg



アオモンイトトンボ♀
b0108186_23287.jpg



アブの仲間かな?  「やれ打つな アブが手を擦る 足を擦る」の後肢すりすり~
b0108186_2322279.jpg



畔で迷彩色のアマガエル! (^^♪
b0108186_2323673.jpg



ここで次に見たいのは、アカネの産卵風景かな~ (^人^)
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-23 23:03 | 虫たち | Comments(0)

例の田んぼの様子見に出掛けた道すがら、稲刈り中の田んぼがあった。 

そこにはダイサギが (¬o¬)----☆
b0108186_21441799.jpg



刈られたばかりの田んぼで、人の気配も恐れずに餌探し。
b0108186_21443142.jpg


GET! (@_@;)・・・なんだろ?
b0108186_21444918.jpg



3週間程前にはイナゴ天国だった田んぼが・・・収穫間近の実りどっさり!
b0108186_21453691.jpg



すっかり水が干上がった田んぼ
b0108186_21455280.jpg



畔にヒガンバナ
b0108186_2146233.jpg



畔にヌマガエル
b0108186_21461160.jpg



畔にショウリョウバッタとオンブバッタ  ♀同士で何を語らう?
b0108186_21462383.jpg



ハネナガイナゴ交尾中
b0108186_21464052.jpg



満身創痍のハネナガイナゴ     両後肢を失っていたが元気に羽ばたいていった。
b0108186_2147127.jpg



ナツアカネ♂
b0108186_2147104.jpg



ナナホシテントウ、アブラムシをむしゃむしゃ~~
b0108186_21472990.jpg



雑草の実を食すクモヘリカメムシ  
b0108186_21474974.jpg

おいしい稲の実もchu-chu-したんだろうな~きっと・・・(ノ_-;)ハア…

この連休には稲刈りかな?

株だけになった田んぼのその後には、どんな生きものが見られるか楽しみ~♪
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-20 21:48 | 虫たち | Comments(0)


田んぼの学校の「イナゴ調査」に出陣する前に、

内藤親彦先生@佐用町昆虫館館長のレクチャーがあって、

それは~それは~ものすごく惹き付けられるお話で、スクリーンの虫画像の数々に目が釘付け~(@_@;)

その大きく見開いた瞳の端っこを・・・あたふたするトンボ姿が掠めた。  

ん? (¬o¬)----☆

お外でオニヤンマが止まる場所を探してる!

軒天の材にぶら下がろうとするけど、うまく掴めない(?)のか、懸垂姿勢で次から次へ。



やっと止まった!

もうこれは撮りに出るしかなかろうて~p(*^-^*)q ヾ(ーー )ォィ

休止するオニヤンマ♂
b0108186_21285729.jpg

軍手に止まっているように見えたが・・・

真横に回り込むと~
b0108186_2129177.jpg



ぁあ、なんというロケーションでありましょうか。。。 靴の中敷きを抱え込んで止まってる。
b0108186_21301442.jpg



その1時間半後、主の分からぬ片方ずつの軍手と中敷きは撤去され、メインイベントの主役が・・・
b0108186_21304321.jpg



この日の調査ポイントは、

☆ 栽培中の紫黒米に集るイナゴは、ハネナガイナゴとコバネイナゴのどっちが多い?

☆ 田んぼや畔にいるバッタの仲間、キリギリスの仲間、コオロギの仲間を見つけよう!


ぱっと一目で130~140匹の中に、コバネイナゴ2、ショウリョウバッタ♂1、イトカメムシ1、クサキリの仲間1、

他は全てハネナガイナゴだった。
b0108186_2132129.jpg


イナゴたちは数日かけて手間暇かけて調理され、収穫祭の時にみんなでありがたく頂く予定。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-17 21:36 | 虫たち | Comments(4)

台風一過のチョウたち


台風18号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


悪天候のため、午前中に予定されていた田んぼの学校の「イナゴ調査」が午後に変更された。

少し早めに出向いて、待ち時間にワクワク~生きもの探し♪


モンキアゲハ
b0108186_20544179.jpg



b0108186_20562016.jpg



ツマグロヒョウモン♂
b0108186_20572469.jpg



ミドリヒョウモン
b0108186_2058241.jpg



ツマグロヒョウモン♀
b0108186_20591373.jpg



コミスジ
b0108186_210227.jpg



ヒメアカタテハ
b0108186_2121198.jpg



アオスジアゲハ
b0108186_2144652.jpg



ヤマトシジミ
b0108186_215573.jpg



台風一過に喜んでお出まししたのは蝶だけでなく、

この日は3回もヤマカガシに出くわした。  平和な生きものだな~あぁしみじみ~。
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-16 21:12 | 虫たち | Comments(0)

さん山会9月例会、宍粟50名山 No.4の船木山へGO!

地図/標高グラフ    ちくさ高原スキー場の手前の「駒の尾山」登山口がStart&End
b0108186_21254481.jpg


10:01   ・・・不安・・・登れるかなぁ?・・・「中級向き」のコースでっせ~(ノ_-;)ハア…
b0108186_2126339.jpg


10:32 ガマズミの仲間の赤い実
b0108186_21261262.jpg


山芍薬の花後の株が目に付いた程度で、元気の源は見当たらず、

山道で見た生きものは、でっかいカナヘビ・でっかいザトウムシ・アケビコノハ。

10:57 大海里峠  コースタイムに近いペースでここまで登って来られた。
b0108186_21264554.jpg


11:08 長ぁ~~~い木製階段、 階段を避けて足を小股に運ぶ。
b0108186_21272667.jpg


11:16 登り切ったところで一休み中に見っけ! ムラサキヤマドリタケ・・・か?
b0108186_21273852.jpg


11:24 折角高度を稼いだのに・・・またドドォ~~~ッと下る。
b0108186_21275318.jpg


11:32 空が開け、チシマザサの間を行く。もう直ぐ駒の尾山!
b0108186_21289100.jpg


11:35 駒の尾山1280.7m 山頂(^O^)/  コースタイム50分を31分でクリア! 撮るものがないと・・・
b0108186_21282878.jpg

360度の展望が広がるここで御弁当^m^

12:10 船木山へ向けてGO!
b0108186_21285145.jpg


12:12 チシマザサ(根曲がり竹)と雑木の切り開き尾根を行く。
b0108186_2129520.jpg


12:25 時折、ブナの樹
b0108186_21292362.jpg


12:45 サワフタギの実
b0108186_21293647.jpg


12:46 ミズナラメウロコタマフシ (タマバチの一種ミズナラメウロコタマバチがミズナラの芽の部分に作った虫こぶ)
b0108186_21295216.jpg


13:00 もう直ぐ船木山って・・・鍋ヶ谷山は過ぎたの? 足元ばかり見てて気が付かなかった。。。
b0108186_21314735.jpg


こんな所に元気の源が!\(◎o◎)/!  道標にカエルの~p(*^-^*)q
b0108186_2132230.jpg


13:09 船木山の山頂(^O^)/  コースタイム80分を60分でクリア!  撮るものがないと・・・
b0108186_21323295.jpg


13:21 下り道 身幅より細道。
b0108186_21324385.jpg


13:28 急な下り。 登りでなくて良かった~~~
b0108186_21325815.jpg


13:54 スギ林を下る。
b0108186_21331120.jpg


さて、この先、林道に出て出発点まで戻るのだが、画像がない。

とことん撮るものが(見つけられ)なかった。

下りだからトットコトットコひたすら歩いた。

14:57 ちくさ高原スキー場への道路の合流点
b0108186_21334812.jpg


14:58 留めに見たガマズミの仲間の実
b0108186_2134575.jpg


15:00 出発点に帰着。 下りのコースタイム100分を100分でクリア! 

うちらのグループでは到底有り得ない普通一般のコースタイムで歩き通したことになる。


お疲れ様でした。m(__)m


撮影機材 : OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough
[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-14 22:00 | 山歩き | Comments(0)



見つかりそうになると・・・葉裏に回り込んで隠れた・・・つもり。
b0108186_2218585.jpg



チガヤに紛れて目立たない。
b0108186_22182863.jpg



全身を晒している姿は珍しい~(◎-◎;)!!  こっちに気付いてないのかな?
b0108186_22184128.jpg



いつも後肢を折り畳んでいるが・・・
b0108186_221915.jpg



伸ばしてもこんくらいの長さ。つまりは短足。でも結構~跳べるし飛べる。
b0108186_22194336.jpg



因みにショウリョウバッタだとこんくらい。
b0108186_2219558.jpg



交尾中のペアを見っけ!  ♂が♀に負ぶさってしがみついてる様に見える。
b0108186_222087.jpg

この時ばかりは逃げ隠れせずにジィーーーッと動かなかった。


因みにオンブバッタのペアは・・・
b0108186_22203783.jpg

[PR]
by MatsuHimeji | 2013-09-13 22:22 | 虫たち | Comments(2)